今日の晩ごはん

和食 ご飯

主な食材 : ショウガ ブリ

ブリそぼろ丼

調理時間
20分(ご飯を炊く時間は除く)

ブリをそぼろ状にした斬新アイデア

甘辛に炒めたブリのそぼろは、ご飯がいくらでも進む美味しさ。あえて水に浸けずに、辛みを残した青ねぎがアクセントに。そぼろはたくさん作って冷凍するのもおすすめ。

材料 ( 2人分 )

  • ブリ(切り身) …2切れ
  • 青ねぎ …1本
  • ご飯 …丼2杯分
  • 塩ショウガ※ …小さじ1/2
  • ごま油 …適量
<A>
  • 醤油 …大さじ2
  • みりん …大さじ2
  • 砂糖 …大さじ2
  • 白ごま …小さじ2
<塩ショウガ>(作りやすい分量)
  • ショウガ …50g
  • 塩 …大さじ1

作り方

1 焼く
熱したフライパンに油を入れ、ブリを中火で中に火が通るまで焼く。
2 切る
ねぎは小口切りにする。
3 塩ショウガを作る
ショウガはみじん切りまたは千切りにし、塩と混ぜ合わせる。
4 ほぐす
ボウルに<1>を入れて、泡立て器でほぐし皮と骨を取り除く。
5 調味する
<4>を<1>のフライパンに戻し、<A>と塩ショウガを加えて中火で炒り、水分を飛ばす。
6 仕上げる
ご飯を器に盛り<5>をのせ、<2>のねぎを添える。

Point

  • 泡立て器でブリをほぐす

    ブリをほぐす時は泡立て器を使う。手が汚れない上に、均一にほぐれやすく皮と骨が取りやすい。

  • ショウガと塩を混ぜ合わせた「塩ショウガ」は森家の手作り定番調味料。混ぜ合わせてすぐにでも使えるが、少しおくと味がまろやかに。作りおきしておけば、すぐに使えて便利。保存期間は冷蔵庫で約1ヶ月。

副菜 memo

白菜の浅漬け風の漬物

丼ものには、箸休めの役割を果たす漬物を添える。冬に美味しい白菜は食べやすい大きさにざく切りにし、細切りにした昆布と塩ショウガでもみ込む。お好みで柚子や鷹の爪を加えるのもおすすめ。