今日の晩ごはん

里芋とちくわのおいそぎ煮

調理時間
10分

面倒な煮物がわずか10分で完成

電子レンジを効率よく使うことで「煮物は面倒」というイメージを覆してくれる一品。短時間で味を染み込ませるために、里芋はあえて、煮崩すのがポイント。

材料 ( 4人分 )

  • 里芋 …大4~5個(600g)
  • ちくわ …4本
<A>
  • ダシ …1カップ
  • きび砂糖 …大さじ1
  • みりん、醤油 …各大さじ2
  • バター …10g
  • 七味唐辛子 …適宜
  • ※または細ねぎ(小口切り) …適宜

作り方

1 里芋を加熱する
里芋は皮つきのまま半分に切る。耐熱容器に入れ、ふたかラップをして電子レンジ(600W)で約12分加熱して、粗熱をとってから皮をむく。ちくわは2cm幅の斜め切りにする。
2 煮る
<A>を煮立てて、1の里芋を入れて約3分里芋を木べらで崩しわりながら煮たら、ちくわを加えてさらに約3分煮る。バターを入れて混ぜ、仕上げに好みで七味唐辛子または細ねぎを振る。

Point

  • 里芋の皮をむく

    布巾などで芋を包み小さい包丁でめくるようにして皮をむく。※冷めたら手でむいてもOK。

  • 煮汁が染み込んだ里芋がちくわになじむとより美味しいので、切った断面がくずれるように煮ている最中、木べらでやさしくつぶす。ねとっとした感触になる状態が理想。

副菜 memo

色鮮やかな副菜を

色味が地味なので、ツナを加えたニンジンのシリシリ(細切りニンジン炒め)などを添えて食卓を華やかに。あとは、ごはんと旬の野菜を入れた味噌汁があれば十分。足りない場合は春菊のごま和えなど。