今日の晩ごはん

切り昆布とドライトマトの炊き込みご飯

調理時間
80分

乾物とベーコンさえあれば!

忙しくて買い物に行けない時、常備している食材だけでも満足度の高いごはんが作れる優秀レシピ。乾物類のダシが味わい深く、翌日はおにぎりにしても美味しい。

材料 ( 3〜4人分 )

  • 米 …2合
  • ドライトマト …12~15g
  • 切り昆布 …7g
  • ブロックベーコン …50g
  • 芽ひじき(乾燥) …4g
  • EXVオリーブ油 …小さじ1
<A>
  • 酒 …大さじ1
  • 薄口醤油 …小さじ2
  • 塩 …小さじ1/4

作り方

1 乾物の下ごしらえ
ドライトマトはぬるま湯(分量外)で戻し、軟らかくなったら汁気を絞って細く刻んでおく。戻し汁は水(分量外)と合わせて360ccにする。芽ひじきはざっと洗って水に浸け、戻ったら水気をしっかりふき取っておく。
2 米と具材の準備
米は研いでざるに上げてしっかり水気をきっておく。厚手鍋に研いだ米と<1>の戻し汁と水を加え、30分浸水させる。刻み昆布はざっと洗ってしっかり水気を絞り、1〜2cmほどの長さに切っておく。ベーコンは1cm角に切る。
3 ご飯を炊く
浸水させた鍋に<A>を加え混ぜ、<1>と<2>の刻み昆布、ベーコンをのせ、油を回しかけ中火にかける。沸騰したら弱火にし、蓋をして11~12分ほど炊いて火から下ろす。10~15分ほど蒸らしたら、全体をざっくり混ぜあわせる。

Point

  • ドライトマトで旨味アップ

    和風のごはんだが、ドライトマトを入れると味に奥行きが生まれる。戻し汁を加えることで、旨味も増す。

  • あると重宝する乾物類は、ひじき、干しエビ、しいたけ、切り昆布、ドライトマトなど、さまざまな種類を常備。干しエビ、しいたけ、ドライトマトなどは、戻し汁もスープや炒め物に活用しているそう。

副菜 memo

カブと豆腐のスープ

具だくさんの炊き込みご飯なので、あとは汁物を添える。カブと豆腐のスープや、卵とほうれん草の味噌汁など、タンパク質を補えるものにすると、栄養バランスのとれた夕食になる。