今日の晩ごはん

とろとろ白菜と鶏団子のスープ

調理時間
30分

白菜の甘みと鶏の旨味が合わさったやさしい味

鶏挽肉とベーコン、異なる肉の旨味が合わさったスープ。塩と少なめの水分でことこと煮て白菜の甘みを引き出し、鶏団子はふわふわに仕上げます。ご飯を入れて雑炊風にしても美味。

材料 ( 4人分 )

  • 鶏挽肉 …200g
  • 木綿豆腐 …100g
  • 白菜(今回はオレンジ白菜を使用) …1/8株
  • 長ねぎ …1/2本(50g)
  • ベーコン(ブロック) …100g
<A>
  • ショウガ汁 …小さじ1
  • 塩 …小さじ1/2
  • 片栗粉 …大さじ1/2
  • 大豆の水煮 …100g
  • 水 …3カップ
  • 塩 …小さじ1

作り方

1 下ごしらえをする
豆腐はキッチンペーパーで包んで水気をきる。白菜はざく切り、長ねぎはみじん切りにする。ベーコンは1㎝角に切る。
2 肉団子を作る
ボウルに鶏挽肉、<A>を加えて練り混ぜる。豆腐を崩しながら加え、長ねぎ、片栗粉を加えて練り混ぜる。
3 煮る
鍋に分量の水を沸かし、2をスプーンで丸めて落とす。肉に火が通ったら端に寄せ、ベーコン、大豆、白菜を加える。再び沸騰したら塩を加えて蓋をし、弱火で15分ほど煮る。

Point

  • 鶏団子を煮る時はスプーンを活用!

    スプーンを使って団子のタネを丸め、湯に落し入れる。手を使わずにどれも同じ形に成形できる。

  • 軽く水切りした豆腐を、肉団子のタネに手で崩しながら加える。豆腐を入れることで、とても軟らかくなる。口に入れた瞬間ほろほろと崩れていくので、小さなお子さんのごはんにもぴったり。

副菜 memo

調理法を変えたおかずを合わせて

主菜が煮込み料理なら、副菜は焼いたものを合わせるなど、異なる調理法のものを合わせるようにすると献立作りがラク。カボチャをソテーしたベイクドカボチャなどがおすすめ。ソテーする前にレンジで加熱すれば時短にもなる。