今日の晩ごはん

タコのレモン南蛮漬け

調理時間
20分

カラッと焼いたタコが美味!

レモンの爽やかな酸味が口中に広がる洋風の南蛮漬け。タコは米粉をまぶしてカラっと焼くことで、タレの味がしっかり入り、さらに食べごたえもアップ。おつまみにも!

材料 ( 2人分 )

  • ゆでタコ …200g前後
  • レモン …1個
  • ミニトマト …6個
  • 豆苗 …1/3パック
  • 新玉ねぎ …1/2個
<A>
  • ダシ汁 …1カップ(200cc)
  • 醤油 …大さじ2
  • みりん …大さじ2
  • 酢 …大さじ1
  • 米粉 …大さじ2
  • 油 …大さじ1

作り方

1 下ごしらえをする
新玉ねぎは繊維に沿って薄切りし、さっと水にさらしてよく水気を切る。ミニトマトは1/2に切り、豆苗は3cm幅に切る。ゆでタコを3cm幅くらいの一口大に切り、水気をふく。
2 南蛮漬けのタレを作る
バットに新玉ねぎ、豆苗、ミニトマト、Aを入れ、レモン1/2個分の果汁を絞り入れる。残りのレモンは輪切りにスライスする。
3 タコを焼く
袋に米粉とタコを入れ、ぎゅっと押さえるようにして衣をつける。フライパンに油をしき、中火でタコに焼き目がつくまで焼く。
4 仕上げる
3を2に漬け、輪切りのレモンをのせる。味が馴染むまで少し置いてからいただく。

Point

  • タコを焼きすぎない

    米粉をつけたタコは揚げるのではなく焼く。焼きすぎると身が硬くなってしまうので、きれいな焼き目がつく程度でOK。衣がはがれないようにあまり動かさずに焼く。パチパチと油がはねやすいので注意しよう。

  • タコに米粉をよくまぶしてから焼くとカラっと仕上がる。「米粉は油の吸収が抑えられるので、我が家では揚げ物の衣としてもよく利用します」とつがねさん。

副菜 memo

ジャガイモやカボチャと相性抜群

南蛮漬けはさっぱりしているので、ほくほくとした食感の粉ふきいもや、蒸したカボチャなどを添えると全体的にボリュームもアップし満足感のある食卓に。