今日の晩ごはん

エビのキムチマヨ和え

調理時間
20分

人気2大中華をフライパン一つで!

みんなが大好きなエビチリとエビマヨを、一度に食べられるスペシャルレシピ。面倒なイメージのエビチリも、キムチを使えば失敗がなく味がしっかりまとまります。

材料 ( 4人分 )

  • 殻つきエビ …16尾
  • 卵白 …1個分
  • 片栗粉 …大さじ2
  • 玉ねぎ …1/2個
  • パプリカ …1/2個
  • ブロッコリー …1/3株
  • キムチ …100g
<A>
  • 牛乳 …大さじ4
  • マヨネーズ …大さじ3
  • 練乳 …大さじ1
  • 酒 …大さじ1
  • めんつゆ …大さじ1
  • 塩、こしょう …各少々
  • サラダ油 …適量

作り方

1 エビを下処理する
エビは尾だけ残し殻をむき、背わたを取ったら片栗粉(分量外)でよく洗い、水気をふく。Aは合わせておく。
2 野菜を切る
玉ねぎはくし形切り、パプリカは縦に1.5cm幅に切ってから斜め半分に、ブロッコリーは小房に分け塩ゆでする。
3 エビを焼く
ボウルに卵白と片栗粉を入れ、しっかりと泡立てたらエビをくぐらせる。フライパンに油を多めに入れ、温まったらエビを両面カリッとなるまで焼く。
4 炒める
3のエビは取り出し、玉ねぎを入れ炒め少ししんなりしたらパプリカ、ブロッコリー、キムチを入れサッと炒める。
5 仕上げる
フライパンにエビを戻し、1のAを加え、全体に味を馴染ませる。※マイルドに仕上げたい場合は、溶き卵1個分(分量外)を絡める

Point

  • 丁寧な下処理で美味しさアップ

    エビは片栗粉で洗うとデンプンが付着して、加熱してもぷりっと仕上がる。少し揉み込むくらいに洗うとよい。

  • 卵白と片栗粉で食感を楽しむ衣に

    天ぷら粉は使わずに、衣は卵白と片栗粉を使う。素材をストレートに味わえるだけでなく、食感も楽しめる。

  • 発酵食品をなるべく毎食取り入れるようにしているというオガワさん。キムチは発酵食品として優れた食品であるだけでなく、今回はエビチリ風の味付けに活用。

副菜 memo

さっぱりとしたサラダなら箸休めにも

エビのキムチマヨ和えがこってりとした味付けなので、箸休め的なさっぱりとしたサラダや和えものがおすすめ。旬を迎えた少しクセのある春菊には、塩気のある韓国海苔がぴったり。