今日の晩ごはん

甘酒から揚げ 香味ねぎダレ和え

調理時間
25分(肉を置く時間は除く)

甘酒をとことん活用した自慢のから揚げ

「今までいろいろ試してみて、このレシピで作ると一番肉が軟らかくなる!」としらいさん自慢のひと品。ベーキングパウダー入りの衣は、タレのなじみが抜群です。

材料 ( 2人分 )

  • 鶏モモ肉 …350g(1枚)
  • 甘酒(肉の重量の10%) …大さじ1~2
  • 塩(肉の重量の0.05%)) …小さじ1/3
<A>
  • 米粉 …大さじ3
  • 水 …大さじ3
  • ベーキングパウダー …小さじ1
<B>
  • 醤油 …大さじ1と1/2
  • 甘酒、黒酢 …各大さじ1
  • 長ねぎ(みじん切り)  …1/3本分
  • ショウガ(みじん切り) …1片分
  • ごま油 …大さじ1
  • レタス、紫玉ねぎ、ミニトマト …各適量
  • 揚げ油 …適量

作り方

1 肉に下味をつける
鶏肉は余計な脂を取り除きひと口大に切る。ボウルやファスナー付き袋に入れて甘酒と塩を加えもみこむ。冷蔵庫に1時間~ひと晩置く。
2 揚げる
<A>を混ぜ合わせて肉をくぐらせ、衣をつける。揚げ油を170度に熱し、肉を揚げる。2分揚げたら、一度取り出して4分休ませる。温度を180度に上げて再度1分揚げる。
3 タレを和える
ボウルに<B>を混ぜ合わせ、2を入れてさっと和える。
4 仕上げる
レタスは食べやすい大きさに手でちぎる。紫玉ねぎは薄切りにし、ミニトマトはくし形切りにする。皿に3とともに盛る。

Point

  • 揚げる直前に衣をつける

    衣にベーキングパウダーを加えているので衣は揚げる直前につけて。写真のように手で衣をつけたらそのまますぐ揚げ鍋に入れる。

  • 肉のタンパク質に、甘酒に含まれる酵素が働きかけ、ペプチドとアミノ酸に分解される。そのため、甘酒で肉を漬けると驚くほど軟らかくジューシーに揚がる。淡泊なむね肉にも効果抜群。ぜひお試しを。

副菜 memo

中華風の副菜を

中華料理のユーリンチーに似た味わいの主菜には、相性のいい中華風おかずを添えて。鶏ガラをベースにした定番の卵スープのほか、蒸したカボチャにすりごま、マヨネーズ、ラー油を和えたホットサラダがおすすめ。