今日の晩ごはん

豚肉とうどの炒めもの

調理時間
15分

春に一度は食べておきたいうどを使って

梅干しで肉に下味をつけておくと、日持ちするうえ肉も軟らかくなります。そのまま保存もできて便利。梅の酸味と、うどの独特な風味がよく合います。

材料 ( 2人分 )

  • 豚肉(薄切り) …200g
A
  • 醤油(またはナンプラー) …大さじ1
  • 梅干し(たたいたもの) …小さじ1/2
  • きび砂糖 …小さじ1
  • うど …1/2本
  • シメジ …1/3パック
  • スナップエンドウ …適量
  • 塩 …適量

作り方

1 下味をつける
豚肉は食べやすい大きさに切り、Aを約10分置く。※下味をつけた状態で約2日冷蔵保存可能。
2 野菜を切る
うどは細い部分は皮付きのまま3〜4cm長さに薄切りにする。太い部分は皮をむいて太めの乱切りにする。しめじは石突きを切り落とし、食べやすいようにほぐす。スナップエンドウは半分に切る。
3 炒める
フライパンに油を熱し、肉を炒める。色が変わって来たらうどを入れて、うどの色が透き通ってきたら、しめじ、スナップエンドウを入れて炒める。

Point

  • 梅と肉を合わせる

    たたいた梅干しを下味調味料に加えて肉にもみ込む。梅干しに含まれるクエン酸の力で肉が軟らかくなり、日持ちもするので、時間があるときにたたいておいて保存すると便利。甘みが控えめなものを選んで。

  • うどは皮付きでOK

    細いうどは皮付きのまま炒める。うどの独特の香りが調味料がわりになり印象的な味に。太い部分は薄く皮をむき、むいた皮を一緒に炒めても。

副菜 memo

卵料理を合わせる

酸味と濃くのある炒めものにはなめらかな卵料理が合う。大きな鉢で作るシンプルな卵蒸しや、落とした卵のスープなどがおすすめ。

おいしいからカラダもよろこぶ、旬のアスパラレシピ