FOOD & RECIPE

【2017/11/3】村山由紀子さんのお酒のおとも

タグ:

2017/11/03

冬もそこまで来ている感じをひしひしと感じる今日このごろ。名残の秋を堪能すべく、今日はご近所さんと『秋刀魚ご飯の会』を開催です。去年も何度となく作ったこの料理。とても簡単につくれます。生の秋刀魚は、頭と内臓を取り除き、水洗いしてから、キッチンペーパーなどで水分を拭き取る。火の通りを良くするため、包丁で切り込みを入れる。米を洗って、しょうゆ、みりん、梅干し秋刀魚と供に鍋か炊飯器に入れて、炊き上げる。今回は、(写真に入っていませんが)すだちと千切り生姜をそえました。また、取り除いた内臓はたっぷりの日本酒と一緒に10分ほど煮込み、濾してから砂糖、しょうゆとあわせて煮詰めると、美味しい「肝ソース」になります。こちらをお好みで、炊き上がったご飯にかけていたくのもオススメです。日本酒が進む宴になりそうです。

料理家村山由紀子

素材の持つ美味しさを引き立てるシンプルな料理を得意とする。四季を楽しむ料理、生活を心がけながら、日々過ごしている。著書に『パンのおかず50』(実業之日本社)、『天板一枚で!毎日のオーブンおかず』(河出書房新社)など。近著(1月20日発売)に『ベジヌードル』(主婦と生活社)がある。
http://murayamayukiko.com