今日の晩ごはん

銀だらの甘辛煮

調理時間
20分

フライパンひとつで手軽に作れる

フライパンひとつで手軽にできて調理時間も短いため、忙しい日にもおすすめ。脂ののった銀だらは煮付け向きで、コクのある味わいに仕上がる。ご飯との相性も抜群!

材料 ( 2人分 )

  • 銀だら …2切
<A>
  • 醤油 …1/4カップ
  • みりん …1/4カップ
  • 酒 …1/4カップ
  • 砂糖 …小さじ2
  • 水 …3/4カップ
  • ショウガ(皮ごと薄切り) …2~3枚
  • 乾燥わかめ(袋の表示通り水で戻し、水気をきる) …大さじ1/2
  • ゴボウ(ささがきにし、さっと水にさらし、水気をきる) …1/2本(50g)
  • 小松菜(長さ4㎝に切る) …小1/2束(80g)

作り方

1 銀だらとゴボウを煮る
フライパンにAを合わせ、ひと煮立ちさせる。銀だらを並べ、隙間にゴボウを加える。落とし蓋をし、中火で7~8分煮る。
2 小松菜を加える
小松菜を加え、魚に煮汁をかけながら2分ほど煮て、皿に盛り、わかめを添える。

Point

  • 煮汁をかけながら煮る

    落とし蓋を外した後は魚の表面に煮汁が回りにくいため、スプーンなどで煮汁をかけながら煮ると、表面にもしっかり味と色がのる。

  • 銀だらにはわかめ、ゴボウ、小松菜を付け合わせて、ひと皿で野菜がたっぷりとれるメニューに。ゴボウや小松菜は魚と一緒に煮るだけなので簡単。主菜のついでに作れて一石二鳥だ。味が染みて美味しくなるため、豆腐を使うのもおすすめ。

副菜 memo

風味の異なる副菜で献立にメリハリを出す

甘じょっぱい煮魚には、香ばしい風味のごま和えやグリルした野菜、さっぱりと食べられる酢の物などを副菜として添えると、味に変化が出て箸が進む。調理法や味付けが主菜と重ならないよう考えると◎