今日の晩ごはん

アジのビネガー風味焼き

調理時間
30分

ナッツも香ばしいご馳走オーブン焼き

赤ワインビネガーの穏やかな酸味とコク、付け合わせのトマトの爽やかさ、ローストしたナッツの香ばしさが、アジの美味しさを引き立てる。パンを添えて召し上がれ。

材料 ( 2人分 )

  • アジ …2尾
  • トマト …2個
  • ホールアーモンド …30g
  • 塩 …小さじ2/3ほど
  • こしょう …適量
  • ローリエ(乾燥) …1~2枚
  • 赤ワインビネガー …1/4カップ
  • EXVオリーブ油 …大さじ2

作り方

1 アジの下ごしらえ
アジは内蔵を取り除いてぜいごを削いで切り取る。塩を1尾にひとつまみずつ(分量外)ふって10分ほど置き、出てきた水分をペーパーでふき取る。
2 野菜の下ごしらえ
トマトはへたをくりぬき、横に半分に切って中の種を取り除く。アーモンドは麺棒などでたたいて粗く砕く。
3 アジを調味する
耐熱容器に1のアジをのせて、隙間にトマトの切り口を上にして置く。アジに塩、こしょうを振る。ローリエを添えて、アジに赤ワインビネガーを振りかけてオリーブ油も回しかける。
4 具材を焼く
220℃に予熱したオーブンで17~18分ほど焼いて火を通す。ローリエは生のものがあれば、2枝ほど添える

Point

  • トマトは中の種と水分を
    取り除いておく

    トマトは横半分に切り、中の種と水分を取り除く。余計な水分がないほうが、オーブンで焼いた時に旨味が凝縮して美味。

  • アジやいわし、さんまなど、独特の香りのある青魚には、タンニンを含んだコクのある赤ワインビネガーを合わせるのが、サルボさん流。なければ、白ワインビネガーでも、米酢でもOK。好みで使い分けて。

副菜 memo

ミネストローネ風のスープがおすすめ

野菜たっぷりの、ミネストローネ風のスープを添える。前日のボリュームサラダの野菜が残っていたら、それらを使ってしまおう。他に、かぼちゃのポタージュスープを作るのもおすすめ。