今日の晩ごはん

ホタルイカのちらし寿司

調理時間
20分

まろやかな酸味のすし飯が魚介に合う

春の訪れを感じるホタルイカを使った華やかなちらし寿司。日向夏を使ったまろやかな酸味のすし飯は魚介との相性が抜群。酢みそマヨネーズを絞れば、濃厚な味わいに。

材料 ( 作りやすい分量 )

  • 米 …2合
  • ボイルホタルイカ …50g
  • スモークサーモン …50g
  • 菜の花 …1/3束
  • 日向夏 …1個
  • 錦糸卵 …卵1個分
  • 白いりごま …大さじ3
  • 酢味噌(ホタルイカについているもの) …大さじ1
  • マヨネーズ …大さじ1
<すし酢>
  • 日向夏の果汁 …1個分
  • 酢 …大さじ1
  • 塩 …小さじ1と1/2
  • 砂糖 …大さじ1

作り方

1 下ごしらえをする
日向夏は皮をむいて実を取り出す。菜の花は茎と花を切り離し、塩少々(分量外)を加えた熱湯で茎、花の順でゆで、冷ましておく。
2 すし飯を作る
ボウルに日向夏の果汁を絞る。すし酢の材料を加え、よく混ぜる。固めに炊いたご飯にすし酢を混ぜすし飯を作る。
3 盛りつける
2を器に盛りつけ、ホタルイカ、スモークサーモン、錦糸卵、1を彩りよく配置し、上からごまをかける。
4 仕上げる
酢みそとマヨネーズを混ぜて袋に入れ、先を切って4の上に絞る。

Point

  • フルーツの絞り汁を混ぜる

    酢だけではなく柑橘類の絞り汁を混ぜると、まろやかなすし飯になり酸味が苦手な人でも食べやすくなる。

  • 酢みそも無駄なく使う

    付属の酢みそとマヨネーズを混ぜてソースを作る。絞り袋がなければ、ビニール袋の先を切って絞ればOK

  • 富山県出身の蓮沼さんらしい、地元の春の食材ホタルイカを使った料理。ボイルしたホタルイカならそのまま使えるので手軽。付属の酢みそも無駄なく使う。

副菜 memo

具材が少なめのお吸い物

ちらし寿司がコクのある味わいなので、ハマグリの吸い物などあっさりとした汁物がおすすめ。具材はたくさん入れずに、なるべく少なめにすると具だくさんのちらし寿司ともバランスがいい。