今日の晩ごはん

柚子こしょう風味の鶏レンコンつくね

調理時間
20分

柚子こしょうがいいアクセントに

ランダムに叩いたレンコンのシャキシャキとした歯触りがやみつきになる、鶏むね肉のつくね。ピリッとした柚子こしょうの風味がアクセントに。お酒のおつまみにもおすすめ!

材料 ( 2人分 )

  • レンコン …130g
  • 鶏挽肉(むね) …100g
  • 白ダシ …小さじ1/2
  • 柚子こしょう …小さじ1
  • 酒 …大さじ1
  • ごま油 …大さじ1
  • ねぎ …1/2本
  • 砂糖 …少々
  • 白髪ねぎ …適宜
  • 醤油 …適宜

作り方

1 下ごしらえをする
ねぎは縦半分に切り5ミリ程度に刻む。レンコンは皮をむきビニール袋に入れて麺棒などで叩く。ボウルに鶏挽肉、酒、砂糖を入れて粘りが出るまでよく練る
2 具材を混ぜ合わせる
1のボウルに柚子こしょう、白ダシを入れて全体的に混ぜ合わせたら、1のねぎとレンコンも加えて混ぜる。混ぜ合わさったら、タネを8等分にしておく。
3 焼く
熱したフライパンに油を敷いて、丸く小判型にしたタネを両面こんがり焼く。
4 盛り付ける
3を皿に盛り付け、白髪ねぎをトッピングし、お好みで醤油にごま油(分量外)をたらしたタレにつけていただく。

Point

  • レンコンは粗く叩く

    レンコンのシャキシャキとした歯応えをしっかり残すため、麺棒などで粗く叩いて。ビニール袋などに入れて叩くと飛び散らずに作業できる。

  • 鶏むね肉に酒を練り込む

    鶏むね肉のミンチにしっかりと酒を練り込むことで、焼き上げてもしっとりと仕上がる。水っぽさがなくなるまで指先を使って練りこんで。

  • 柚子こしょうが利いた味付けなのでそのままでも十分だが、醤油にごま油を少し加えたタレにつけても。「さらに味に深みが増しておすすめです」と平沢さん。

副菜 memo

酢の物などさっぱりした和え物を

食べごたえのある鶏肉のつくねには、口中をさっぱりとさせる副菜を添えて。キュウリとミョウガを酢、醤油、ごま油でさっと和えた清涼感のある和えものが平沢さんおすすめの副菜。