今日の晩ごはん

鶏もも肉のソテー フレッシュラタトゥイユ添え

調理時間
15分(漬け込み時間は含まず)

生野菜のラタトゥイユソースが美味!

ジューシーに焼き上げた鶏肉に、生野菜たっぷりのソースをかけていただく一品。鶏肉の脂もフレッシュな野菜のおかげでさっぱりとした味わいに。色合いも鮮やか!

材料 ( 2人分 )

  • 鶏もも肉 …2枚
<鶏肉の下味>
  • 塩 …肉の重量の1%
  • グラニュー糖 …肉の重量の2%
  • にんにく …2かけ
<フレッシュラタトゥイユ>
  • トマト …極小1個
  • パプリカ(赤、黄色) …各1/4個
  • 新玉ねぎ …1/4個
  • ズッキーニ …1/4本
  • キュウリ …1/3本
  • ナス …1/2本
  • 塩 …小さじ1/2
  • こしょう …適量
  • オリーブ油 …大さじ1
  • オリーブ油 …適量
  • イタリアンパセリ …適量

作り方

1 下ごしらえをする
鶏肉は余分な脂を切り取り、塩とグラニュー糖を混ぜてすり込む。薄切りにしたニンニクを張り付け、密封袋に入れて半日~ひと晩置き、調理の前に水気を拭く。フレッシュラタトゥイユのトマトは湯むきをして種を取り、1㎝角に切る。その他の野菜もすべて1㎝角に切り、玉ねぎはしばらく水にさらしてから水気を切る。
2 ソースを作る
1のすべての野菜をボウルに入れて混ぜ、塩、こしょう、オリーブ油で和える。
3 焼く
フライパンに油を少々熱し、1の鶏肉を皮目を下にして入れ、中火弱でじっくりと焼く。皮目がこんがりと焼け、周囲が白っぽくなったら裏返し、反対側も火を通す。
4 盛りつける
3を皿に盛り、2をかけてイタリアンパセリを添える。

Point

  • 鶏肉を塩、砂糖、ニンニクと漬込む

    鶏肉を塩とグラニュー糖、ニンニクスライスと一緒に漬込むことで、焼き上がりがふっくらジューシーに。冷めても硬くなりにくく、お弁当にもおすすめ。

  • 普段から晩ごはんには野菜をたっぷり使うという久保さん。刻んだ野菜を和えて出てきた水分をソースにするアイデアは久保さんならでは!多めに作って翌日の朝はスクランブルエッグなどのソースにしても◎。

副菜 memo

パンや野菜のポタージュを添えて華やかに

野菜も肉もたっぷり味わえるメインは、ワインとの相性抜群。パンとともに、アスパラや春ニンジンのポタージュを添えるとさらに香り豊かで色合いも華やかに。