今日の晩ごはん

タジン鍋で作る肉じゃが

調理時間
20分

定番料理がモロッコ風に変身!

蒸し焼きが得意なタジン鍋で作ると仕上がりはホクホク。味の決め手はモロッコの調味料の定番、塩漬けレモン。爽やかな香りとまろやかな塩味に食欲をかき立てられる。

材料 ( 2人分 )

  • 鶏もも肉(唐揚げ用などでよい) …400g
  • 玉ねぎ …1/2個
  • ジャガイモ(メークイン) …2~3個
  • 塩漬けレモン  …一片(スライスだと1~2枚、くし切りだと1/6個分ほど) ※塩漬けレモンがない場合は、レモンのスライス1~2枚+塩小さじ1/2~1で代用する 
  • オリーブ油  …大さじ1

作り方

1 下ごしらえ
鶏肉は食べやすい大きさに切り、水でさっと洗って水気をきる。ボウルに入れ、塩少々とレモン汁適量(分量外)を入れてよく混ぜ、少しおいておく(しぼった後のレモンの皮を入れても可)。玉ねぎ、ジャガイモはくし切りにする。
2 蒸し焼きにする
タジン鍋を弱めの中火で温め、油をひき、1の鶏肉と玉ねぎをさっと炒める。鶏肉の色が変わったらジャガイモ、塩漬けレモンを入れ、蓋をして弱火で10~15分蒸し焼きにする。
3 できあがり
食材に火が通ったらできあがり。お好みで醤油少々(分量外)を加えても美味しい。
塩漬けレモンの作り方
レモン(国産など、大きさにより3~4個)は皮をよく洗って水気を拭き、くし形に切る。煮沸消毒した保存瓶に、粗塩100~150gとレモンを交互に入れ、蓋をして最低でも1週間漬ける。レモンから水が上がってきたら使える。
※本場モロッコでは丸ごとのレモンに切り目を入れ、2~3ヶ月漬けて作る

Point

  • 鶏肉はマリネして使う

    水で洗った鶏肉は塩とレモンでマリネする。鶏肉のくさみをとるためのモロッコ流のやり方で、味わいも良くなる

  • 口尾さんが使うのは、モロッコ生まれのタジン鍋。水蒸気が内部で循環するため、加水せずに食材の持つ水分だけで蒸し焼きにできる。肉じゃがも煮汁を入れなくてもふっくらとした仕上がりに。タジンがない場合は蓋付きのフライパン等で代用しよう。

副菜 memo

冷たい味噌汁を添えて

もう一品作るなら、野菜の入った汁物を。今の季節なら冷たい味噌汁がおすすめ。冷たいダシに味噌を溶き、豆腐とトマトとバジルを加えて、最後にオリーブ油を少量たらすと美味しい。