今日の晩ごはん

チキンのマスタードソース

調理時間
15分

家にある食材を組み合わせて楽しむ本格味

味が染み込んだ鶏肉に、酸味の利いたクリームソースとバターライスを一緒に食べることで絶妙なハーモニーが生まれる。くたっと煮たきのこもアクセントに。

材料 ( 2人分 )

  • 鶏もも肉 …300g
  • しめじ …1/4袋
  • エリンギ …2本
  • フレッシュタイム …2枝
  • バター …大さじ1
  • 白ワイン(または酒) …大さじ2
  • 粒マスタード …大さじ2
  • 生クリーム …100ml
  • 塩、こしょう …適量
〈バターライス〉
  • 米 …2合
  • コンソメキューブ …1/2個
  • バター …20g

作り方

1 バターライスを作る
米2合に、コンソメ、水(分量外)を入れ炊飯器で炊く。炊きあがったらバターを入れ、混ぜ合わせる。
2 食材を切る
鶏肉は適当な大きさに切る。しめじは石づきをとり、エリンギは食べやすいサイズに切る。
3 肉に下味をつける
肉に塩、こしょう、枝からしごいたフレッシュタイムの葉をすり込んで5分ほどおく。
4 肉を焼く
フライパンにバターを熱し、鶏肉、しめじ、エリンギを入れて中火で両面をしっかり焼く。弱火にして白ワインを加え、蓋をして鶏肉にしっかり中まで火が通るまで蒸し焼きにする。
5 仕上げる
粒マスタードと生クリームを合わせて加える。軽く煮立ったら火を止めて塩、こしょうで味を整える。

Point

  • 鶏肉に香りを移す

    バットに肉を広げ、タイムの葉をすりこむ。肉独特の香りが消え、爽やかな香りが肉に移る。

  • バターライスに、鶏肉の旨味が溶け込んだマスタードソースをつけて食べると、生クリームのコクが増して美味しい。炊きあがったらすぐにバターを入れ、溶かしながら混ぜるのがポイント。

副菜 memo

素材の味を楽しむサラダを

バターを使った、ボリュームのある主菜とライスにはさっぱりとしたサラダが合う。インゲンや、スナップエンドウにオリーブ油と酢、こしょうで作ったシンプルなドレッシングをかけて。