今日の晩ごはん

タコとジャガイモのサラダ

調理時間
20分

レモンの酸味とパセリの香りで爽やかに

タコとジャガイモのサラダはイタリアの家庭料理。加熱することで素材が軟らかくなり、より食べやすくなる。温かいままでも、冷やして食べても美味しい。

材料 ( 2人分 )

  • ゆでダコ …180g
  • ジャガイモ …中3個
  • レモン …1/2個
  • オリーブ油 …40cc
  • ニンニク …1片
  • イタリアンパセリ …4本
  • 粗塩 …適量

作り方

1 タコを切る
タコは食べやすい大きさに切っておく。
2 ジャガイモをゆでる
ジャガイモはよく洗い、皮ごとゆでする。串がすっと通るまでゆだったら取り出し、皮をむく。適当な大きさに割る。
3 タコを煮る
鍋に油と潰して芽をとったニンニクを入れて火にかける。ニンニクから香りがたったらタコを入れ、5分ほど煮る。レモンを搾り、軽く煮立たせる。
4 仕上げる
ジャガイモを皿に乗せ、上から3のタコとオイルを回しかける。刻んだイタリアンパセリを散らし、塩を振る。

Point

  • タコレモンオイル

    オイルは冷まさず、熱々のうちに皿に盛っておいたジャガイモに、あらかじめ回しかける。

  • タコを煮ているオイルの中にレモン汁を搾り入れ、さらに煮立たせる。レモンは加熱することで酸味を飛ばす。レモン独特のとがった酸味がまろやかになり、より食べやすくなる。

副菜 memo

これをつまみにワインを

見た目以上にボリュームのあるサラダなので、バゲッドと白ワインを用意するだけで満足できる。色のコントラストがきれいなサラダは、普段の食卓にも、また友人らが集まる時にも活躍する。