今日の晩ごはん

サバの酒粕煮

調理時間
25分

酒粕の芳醇な香りが広がる

マンネリしがちな煮魚も、香りよく、優しい甘みの酒粕を使えば新鮮な味わいに。酒粕には魚の臭みを取る効果があり、簡単に本格的な魚料理ができ上がる。

材料 ( 2人分 )

  • サバの切り身 …2切れ
  • 長ねぎ …1本
  • ショウガ …1片
<A>
  • 塩麹、みりん …各大さじ2
  • 水 …100cc
  • 酒粕 …大さじ2(30g)

作り方

1 下ごしらえをする
サバは、皮目に十字の隠し包丁を入れる。長ねぎは6cm長さに切っておく。ショウガは薄切りにし、一部を飾り用の千切りにする。<A>は混ぜておく。
2 材料を煮る
鍋に1のサバ、薄切りのショウガ、ねぎ、<A>を入れて中火にかける。沸騰したらアクを取って弱火にし、落とし蓋をして6~8分煮る。
3 酒粕を加える
途中、酒粕を耐熱容器に入れ、電子レンジで10~20秒加熱する。軟らかくなったら、2の煮汁に溶かす。
4 仕上げる
火を止めてそのまま10分おき、味をなじませる。器に盛り、千切りにしたショウガを飾る。

Point

  • 酒粕はレンジで加熱を

    酒粕はそのままでは硬いため、ようすを見ながら電子レンジで加熱する。軟らかくなったら煮汁に溶かして。

  • 調味料は、酒粕と塩麹、みりんだけ。麹調味料のみで作るので、自然な甘みが楽しめる。味噌で煮るよりも味そのものは薄いけれど、コクと旨味は十分。食べ飽きることなく、あっさりいただける。

副菜 memo

醤油を使った副菜

酒粕の優しい風味に合うのは、醤油味の副菜。例えば、ピーマンとシメジを油でさっと炒め、醤油、濃縮甘酒(または、みりん)、酒で味付けたピーマンとしめじ煮など、醤油を利かせた副菜なら味が締まる。