今日の晩ごはん

シャキシャキのキュウリの水餃子

調理時間
30分

韓国では定番の冷たい水餃子

食べ足りない時に、追加で作ることもあるというコウさん大好物の水餃子。キュウリのシャキシャキとした食感が◎。暑くなってくるこれからの季節に食べたい夏らしい一品。

材料 ( 20個分 )

  • キュウリ …2本
  • 塩 …小さじ1/2
  • しいたけ …2個
  • 鶏挽肉 …100g
<A>
  • 醤油、酒 …各小さじ1
  • ごま油 …小さじ1/2
  • 長ねぎ(みじん切り) …大さじ3
  • ニンニク(すりおろす) …少々
  • 餃子の皮 …20枚
<タレ>
  • 酢 …大さじ4
  • 醤油 …大さじ2
  • ショウガ(薄切り) …8~10枚
  • 青じそ(手でちぎる) …5枚
  • ディル …適宜

作り方

1 下ごしらえ
キュウリは斜め切りにしてから細切りにし、ボウルに入れる。塩を振って軽くもみ、5分ほどおいて水気を絞る。しいたけは石づきを除いて、粗みじんに切る。
2 あんを作る
ボウルに鶏挽肉と<A>を入れて練り混ぜ、1のキュウリとしいたけを加えて混ぜ合わせる。
3 包む
餃子の皮で2のあんを包む(好みの包み方でOK)。
4 ゆでる
たっぷりの熱湯に3を入れ、再び煮立ったら弱めの中火にして3分ほどゆで、氷水に取って手早く冷やし、氷を入れた器に盛る。好みでちぎったディルを浮かべる。タレの材料を混ぜ、好みでつけていただく。

Point

  • キュウリはしっかり絞り水気をきること

    キュウリに塩を振って、水気をしっかりと絞る。そうすることであんが水っぽくならずに仕上がる。

  • 氷で冷やしても脂っぽくならず、固くなりにくい鶏肉を使う(または、牛肉でもOK)。豚肉と比べてさっぱりとしているので、暑さでバテ気味の時や、胃が疲れている日でも、食べやすい。

副菜 memo

韓国風で統一する

韓国では夏料理の定番である冷製水餃子には、同じく韓国の国民食ともいえるキムチを添えて。または、ニンジンやもやしをごま油とニンニク、塩で和えたナムルでも。