今日の晩ごはん

ミョウガとシラスのおいなりさん

調理時間
20分

ほんのり洋風の味つけで新鮮

ひと口食べると、ごま油、オリーブ油、バルサミコ酢がふんわり香るおいなりさん。味に深みが増し、後を引く美味しさ。具材をはんぺんや厚揚げに挟んでも良い。

材料 ( 2人分 )

  • 米 …1合
  • 油揚げ(おいなりさん用に味つけした市販品。だし醤油ときび砂糖で油揚げを煮て、作っても良い) …10枚
  • 釜揚げシラス …100g
  • ミョウガ …4~5本
  • インゲン …5本
  • オクラ …5本
  • オリーブ油 …大さじ2
  • 炒りごま(好みで白でも黒でも可) …大さじ2
  • 醤油 …小さじ2
  • バルサミコ酢 …ご飯用大さじ2(寿司酢でも可)、シラス用小さじ2

作り方

1 米を炊く
米を研いで炊く。
2 野菜を切る
ミョウガを細かく粗いみじん切りにする。オクラとインゲンを硬めに塩ゆでし(塩適量、分量外)、オクラは小口切りに、インゲンは斜め切りにする。飾り用に、切ったオクラとインゲンを少し取り分けておく。
3 味つけをする
ビンやタッパーに、シラスと2のミョウガ、飾り用以外のオクラとインゲン、油、ごま油、バルサミコ酢小さじ2、醤油、炒りごまを入れよく混ぜ合わせる。炊き上がったご飯にも、バルサミコ酢大さじ2を混ぜ、冷ましておく。
4 油揚げに具材をつめる
油揚げは5枚分を半分折り返し、裏面を出す。残りは袋を裏返えすようにして、さらに半分折り返し、表面を出す。3の具材とご飯をよく混ぜ合わせ、等分になるように油揚げに詰め、飾り用のインゲン、オクラをのせ、器に盛り付ける。

Point

  • ご飯が見えるよう詰める

    油揚げにご飯を詰める時は、油揚げを外側に折り返して、中身が見えるようにすると、より美味しそうになる。

  • ご飯には寿司酢を使ってもいいが、バルサミコ酢を入れるのが横田さん流。新鮮な味わいでアクセントになる上、ごま油やオリーブ油など、他の調味料にも良く合って、味に深みが出る。

副菜 memo

豆のおかずで栄養バランスアップ

メインの栄養素が炭水化物中心になるので、副菜はタンパク質やビタミンを含む豆を使ったおかずを。小豆と玉ねぎのみじん切りをオリーブ油で炒めた、「豆のペペロンチーノ」なら、野菜も摂れる。