今日の晩ごはん

手羽先とトウモロコシのマスタードグリル

調理時間
30分

鶏肉の香ばしさについつい手が伸びる

焦げ目をつけた鶏肉は、メインのおかずにもビールのおともにもぴったり。あっさりした枝豆や甘みのあるトウモロコシを添え、一皿でいろいろな味を楽しめる。

材料 ( 3〜4人分 )

  • 手羽先 …7本
  • トウモロコシ …1本
  • 枝豆 …正味約20g
<A>
  • 粒マスタード …大さじ1
  • ニンニク(すりおろし) …小さじ2
  • 玄米甘酒(市販品。無添加の甘酒でも可) …大さじ1
  • 醤油 …大さじ1
  • 酒 …小さじ2
  • 塩 …小さじ1
  • こしょう …少々

作り方

1 野菜を下ごしらえする
トウモロコシに軽く塩(分量外)を振って蒸し、冷めてから好みの大きさに削ぎ切りする。枝豆は塩ゆで(塩は適量、分量外)して、房から出しておく。
2 手羽先に下味をつける
手羽先をバットに入れ、<A>を入れて手でよく混ぜ、10分ほど漬け込む。
3 手羽先を焼く
2の手羽先を200℃のオーブンで10~12分焼き、軽く焦げ目をつけたら、さらに180℃で10~15分、ようすを見ながら全体に焼き色がつくまで焼く。
4 盛り付ける
3の手羽先が焼きあがったら、粗熱をとって1のトウモロコシと枝豆と合わせ、器に盛り付ける。

Point

  • トウモロコシをあらかじめカットしておく

    トウモロコシは、芯に包丁の刃を少し入れて、手で折っておく。それから実を削ぎ切りすると、やりやすい。

  • 料理には、基本的に砂糖を使わないという横田さんが、甘味を出すために今回使ったのは甘酒。砂糖とは違った、優しく柔らかい甘さに仕上がる。マスタードの酸味と辛味にもよく合う。

副菜 memo

さっぱりした野菜のおかず

手羽先は脂がのって濃厚な部位なので、合わせるおかずには、すっきりしたものを取り入れて。フルーツや生野菜のサラダの他、ビジソワーズのような冷たい野菜スープで、味わいに変化を出して。