今日の晩ごはん

牛こまとレンコン、ねぎ炒め

調理時間
15分

ショウガの辛みと長ねぎの甘みで味に奥行きを

ごま油とショウガの豊かな香りが、食欲を刺激する。肉に片栗粉をもみこんでおくと、強火でさっと炒めるだけで肉は軟らかく、レンコンはシャキっと仕上がる。

材料 ( 2人分 )

  • 牛こま肉 …150g
<A>
  • 酒、片栗粉 …各大さじ1/2
  • 塩 …少々
  • 長ねぎ …1本
  • レンコン …1節(約230g)
<B>
  • 醤油 …大さじ1と1/3
  • 酒 …大さじ1
  • 砂糖 …小さじ1
  • ショウガ(すりおろし) …大さじ1
  • ニンニク(すりおりし) …小さじ1/2
  • ごま油 …大さじ1と1/2

作り方

1 下ごしらえをする
牛肉は大きい場合は食べやすい大きさに切ってボウルに入れ、<A>を加えてもみこむ。長ねぎは縦半分に切り、長さ5~6㎝に切る。レンコンは6㎝長さ、1㎝角に切る。別のボウルに<B>を混ぜ合わせておく。
2 牛肉を炒める
フライパンに油大さじ1/2を強火で熱し、1の牛肉を加えて炒める。色が変わったら取り出す。
3 仕上げる
油大さじ1を足し、レンコン、長ねぎを順に加える。その都度全体に油が回るまで強火で炒める。蓋をして中火で4~5分、時々炒めながら火を通す。牛肉を戻し入れて<B>を加え、強火で炒め合わせる。

Point

  • 仕上がりを良くするコツ

    袋に肉と片栗粉と調味料を入れてもみこんでおく。味がなじみ、肉が軟らかく仕上がる。

  • レンコンはやや太めの縦長に切ると炒める時間が短く済み、食感や味のなじみもぐっと良くなる。炒め物を作る際は、加熱むら、味むらがおきないよう食材は大きさをそろえて切ると失敗しない。

副菜 memo

スープを合わせて定食風に

レンコンがごろりと入った食べごたえのある主菜には、ご飯と汁物を添えるだけで大満足。ショウガとニンニクの辛みでパンチのある味つけのなので、味噌汁の他にほんのり甘い中華風コーンスープが合う。