今日の晩ごはん

ゴボウとレンコンのハッシュドポーク

調理時間
30分

軟らか肉にシャキシャキのレンコンの組み合わせがクセになる

洋食の定番ハッシュドビーフを手頃な豚肉でアレンジ。赤ワインで煮込めば、デミグラスソース缶や、トマト缶を使わなくもコクのある上品な味に仕上がります。

材料 ( 2人分 )

  • 豚肩ロース薄切り肉 …200g
  • 玉ねぎ …1/2個
  • ゴボウ …1/2本(80g)
  • レンコン …100g
  • しめじ …50g
  • 赤ワイン …1/4カップ
  • 水 …1カップ
<A>
  • ケチャップ …大さじ2
  • 醤油 …大さじ1
  • バター …10g
  • オリーブ油 …小さじ1
  • 塩、こしょう …適量
  • 薄力粉 …大さじ1
  • 玄米ご飯(または白米) …2膳分

作り方

1 下ごしらえをする
玉ねぎは薄切り、ゴボウはささがきにして水に5分ほどさらし、水気をきる。レンコンは3㎜厚さのいちょう切りに、しめじは石突きを切り落とし食べやすくほぐす。
2 炒める
フライパンに油を熱し、1の玉ねぎを炒める。しんなりとしたら豚肉を加えて、塩、こしょう、薄力粉を振って炒める。肉の色が変わったら、ゴボウ、レンコンを加えて炒め合わせる。
3 煮る
赤ワイン、水、しめじの順に加えて蓋をし、ゴボウが軟らかくなるまで約10分煮る。<A>を加えて混ぜる。
4 仕上げる
器に玄米を盛り、3をかける。

Point

  • 食材を煮てから調味料を加える

    ゴボウがしんなりしてきたら合わせ調味料を加えるタイミング。あとから入れると肉が固くならない。

  • 根菜類は下ごしらえに手間がかかるので、きんぴらゴボウを作りおきしておいても便利。工程2のゴボウを入れるタイミングできんぴらを加えればOK。「あとは玉ねぎと肉を炒めるだけで作れるのであっという間です」

副菜 memo

食感の異なるものを合わせる

とろっと煮込んだ主菜には、シャキシャキとしたものを添えて食感の違いを楽しむ。主菜はコクが強いので、副菜はさっぱりとしたものだとより好相性。塩もみした千切り白菜にレモン汁で和えた即席漬けなどがおすすめ。