今日の晩ごはん

鶏そぼろと菜の花ご飯

調理時間
20分

手軽に旬を味わえる2色丼

菜の花ご飯に、ショウガのピリっとした辛みが利いた鶏そぼろをかけた和風丼。自家製の甜麺醤や大葉で味に変化を与えながらいただく。

材料 ( 2人分 )

  • 鶏挽肉 …200g
  • 菜の花 …1/2束
<A>
  • ショウガ(みじん切り) …1/2片分
  • 薄口醤油 …大さじ2
  • 酒 …大さじ1
  • 醤油 …小さじ1
  • ご飯 …2膳分
  • 大葉 …少々
  • 甜麺醤 …適量

作り方

1 鶏そぼろを作る
油を引かずにフライパンを熱し、鶏挽肉を炒める。火が通ったら<A>を加えて味をつける。
2 菜の花をゆでる
鍋にたっぷりの湯を沸かし、菜の花を約3分塩ゆでする。水気をきって3㎝に切る。醤油をかけて混ぜる。
3 仕上げる
皿にご飯を盛り、上に1の鶏そぼろと2の菜の花をのせ、最後に千切りにした大葉と甜麺醤をのせる。
〈自家製甜麺醤の作り方〉
八丁味噌…100g
酒…大さじ2
はちみつ…大さじ1
醤油 …小さじ1/2強
鍋にすべての材料を入れて弱火にかけ、一煮立ちさせてででき上がり。

Point

  • 菜の花に下味をつける

    さっとゆでた菜の花は水気をきり、温かいうちに醤油をかけて下味をつける。味をつけておくとご飯にもなじみやすく、他の料理にも展開しやすい。

  • 自家製の甜麺醤を仕上げに添える。さっぱりとした鶏そぼろにコクと甘味が加わる。菜の花や大葉との相性も抜群。作り方も簡単な上、冷蔵で約3週間日持ちするので常備しておくと便利。

副菜 memo

汁ものを添えて満足感を

丼ものには、汁ものを合わせると満足度が上がり、食事の時間が豊かになる。鶏そぼろに八丁味噌から作った甜麺醤を添えているので、汁ものは味噌汁ではなく、かき玉汁にすると味のバランスが取れる。