今日の晩ごはん

余り野菜のごちそうフライ

調理時間
20分

余り野菜が主役おかずに変身!

毎日の料理で使用頻度が高い野菜はどうしても余りがち。そんな余り野菜も全部あつめてフライにすれば、ボリューム満点の豪華な主役おかずに早変わり! 大人も子どもも大喜びのひと品に。

材料 ( 4人分 )

  • カボチャ …1/8個
  • ゴーヤ …1/4本
  • 米ナス …1/2本
  • しいたけ …2個
  • 長芋 …5cm
  • カリフラワー …1/4個
  • 小麦粉 …適量
  • 卵 …適量
  • パン粉 …適量
  • 揚げ油 …適量
  • ソース …適量
  • クレソン …適量

作り方

1 下ごしらえする
野菜をそれぞれ食べやすい大きさに切る(カボチャは種を除き、長芋は皮をむく)。
2 揚げる
1を小麦粉、溶いた卵(卵1個に対して大さじ1の水で伸ばす)、パン粉の順に浸け、170度の油でカラッと揚げる。
3 盛り付ける
2を器に盛り、クレソンを添える。ソースをかけて食べる。

Point

  • やや低温の油と細かいパン粉で揚げてカラッと仕上げる

    やや低温の油で、ほんのりきつね色になるまで揚げる。油は香りがよく酸化しにくい菜種油が◎。パン粉は細かい方が油を吸いすぎず軽く揚がる。

  • 野菜は好きな物を使ってよい。特に歯ごたえのある硬めの野菜がおすすめで、ブロッコリーやレンコンも美味しい。余り野菜に季節のものが入るとごちそう感もアップ!

副菜 memo

刺身で特別感をプラス

旬の魚の刺身を添えると、季節感と特別感が増し、タンパク質も摂れる。さらにさっぱりした葉物サラダもあると、華やかで大満足のテーブルに。サラダにはフレンチドレッシングをかけて爽やかさをプラス。