今日の晩ごはん

豚とキクラゲの中華風煮込み

調理時間
90分(キクラゲを戻す時間は除く)

エキゾチックな香りが食欲を刺激

豚肉はじっくりと火を通してとろとろに仕上げるのがポイント。黒酢を使うことで濃厚ながらスッキリとした後味に。煮汁ごとごはんにかけて食べても美味しい。

材料 ( 4人分 )

  • 豚肩ロース(かたまり) …350g
  • キクラゲ(乾燥)※できれば国産のもの …10g
  • 玉ねぎ …2個
  • ニンニク …1片
  • ショウガ(約3㎜の薄切り) …3枚
  • ごま油 …小さじ2
  • ダシ …200cc
  • 紹興酒 …150cc
  • 醤油 …大さじ3
  • 黒酢 …大さじ2
  • みりん …大さじ2
  • オイスターソース …小さじ2
  • 五香粉 …小さじ1
  • 黒糖 …15g

作り方

1 下ごしらえをする
キクラゲはたっぷりの水につけてしっかりと戻しておく。玉ねぎは8等分のくし形切りにし、ニンニクは半分に切って芽をとっておく。
2 肉を下ゆでする
豚肩ロース肉は、4~5㎝角のゴロッとしたサイズに切り、鍋に入れる。たっぷりの水をそそぎ中火にかけ、沸々してきたら弱火にする。アクを取りながら10分ほどゆで、一度取り出す。
3 炒める
2とは別の鍋にごま油を強火で熱し、1とショウガを炒める。全体に油が回ったら蓋をして弱めの中火で5分ほど蒸し焼きにする。
4 煮る
3に2と全ての調味料を加えて中火にかける。ふつふつとしてきたらごく弱火にし、アクをサッと取り除き蓋をして約1時間煮込む。豚肉が軟らかくなったら出来上がり。皿に盛り、好みでショウガの細切り適量(分量外)をのせていただく。

Point

  • 豚肉は下ゆでする

    豚肉は他の材料と一緒に煮込む前に下ゆでし、しっかりとアクを取り除いておく。このひと手間で余分な脂や臭みがとれてさっぱりと仕上がる。

  • スターアニスや花椒などがバランスよく組み合わされている、使い勝手のよい混合スパイスの五香粉や、黒酢、紹興酒など中華の調味料を使うと香り豊かな煮込み料理が出来る。

副菜 memo

ご飯にかけて丼メニューに

豚肉の旨味が染み出た煮汁はしっかりとした味なので、ご飯にかけて丼メニューにしていただくのも◎。ご飯にはタンパク質やビタミンが豊富な黒米をプラスすると栄養バランスも抜群。