今日の晩ごはん

サンマのすだちご飯

調理時間
40分

秋しか食べられない旬ごはん

脂ののったサンマの旨味に、すだちのみずみずしい香りが溶け合う絶品ごはん。シャキっとしたレンコンの歯ごたえがアクセント。しゃもじですだちの汁をご飯になじませてから取り分けて。

材料 ( 4人分 | (約4人分・作りやすい分量) )

  • 米 …2合
  • サンマ …2尾
  • すだち …5個
  • ミョウガ …2〜3個
<A>
  • レモン汁 …大さじ2
  • 塩 …小さじ1
  • レンコン …150g
<B>
  • 湯 …150ml
  • 酢 …大さじ1
  • 塩 …小さじ1/2
  • すだち絞り汁 …1個分
  • 塩 …適量
  • オリーブ油 …大さじ1

作り方

1 下ごしらえをする
サンマは頭とはらわたを取り、塩をまぶして約10分おく。水洗いして水気を拭く。魚焼きグリルでこんがり焼く。すだちは薄く輪切りにし、ミョウガは細切りにする。
2 米を炊く
米は通常通り炊き、炊きあがったらすぐに<A>を混ぜ合わせて、さらにオリーブ油を混ぜて冷ます。
3 レンコンをゆでる
レンコンは粗みじん切りにして水に約5分浸けてアク抜きをする。鍋に<B>を沸かし、レンコンをさっと約20秒ゆでる。ザルにあげて冷ます。
4 仕上げる
サンマが冷めたら骨を外してほぐし、すだちの絞り汁をからめる。2にサンマと3のレンコンを混ぜ、すだちとミョウガを加えてざっくりと混ぜる。器に盛る。

Point

  • 塩を多めにふる

    塩を多めにふって出てきた水分を洗い流し、水気をふいてから焼くと青魚特有の臭みがとれる。魚焼きグリルで皮目に焼き色がつくまでこんがりと焼く。

  • 定番のサンマごはんにすだちの輪切りをふんだんにのせる。まだ暑さの残る秋の入り口に、すだちのさわやか風味が合う。見た目も華やかになり。おもてなし料理としても活躍する。

副菜 memo

シンプルな汁ものを添える

サンマと香味野菜を合わせたご飯には、汁ものを添えて。味噌汁はもちろん、ダシがキリっと利いたかきたま汁もおすすめ。三つ葉などの薬味を添えて、主菜とは異なる香りを楽しむ。