今日の晩ごはん

里芋と鶏手羽中のシナモン黒糖煮

調理時間
20分

シナモンが香る煮物は新感覚の美味しさ

和風の煮物にシナモンの風味が漂い、新感覚の美味しさが楽しめる。里芋も鶏肉もシナモンと黒糖によくマッチしてご飯が進む。

材料 ( 2人分 )

  • 里芋 …350g
  • 鶏手羽中 …150g
  • ショウガ …1かけ
  • 酒 …大さじ1
  • 醤油 …大さじ1と1/2
  • 黒糖 …大さじ2
  • シナモン …小さじ1/3
  • (あれば) …シナモンスティック1本

作り方

1 具材を切る
里芋は一口大に切る。ショウガは千切りにする。
2 具材を煮る
鍋に水(分量外)1/2カップと酒、里芋、鶏手羽中、ショウガを入れて火にかける。煮立ったら火を弱め、10分ほど煮る。
3 仕上げる
里芋に竹串がすっと通ったら、醤油、黒糖を入れ、全体にからめる。水分が飛んだら火を止め、シナモンを加えてひとまぜする。
4 盛り付ける
器に盛り、あればシナモンスティックを飾る。

Point

  • シナモンは香り付けで最後に加える

    アクセントとなるシナモンを加えるタイミングは一番最後。香りが飛ばないように最後に加えて。

  • 具材は小さくして時短

    短時間で作れて、かつ食べやすくするため、里芋は一口大に切る。鶏肉も同様に火が通りやすい手羽中を使う。

  • 良原さんはみりんや砂糖の代わりにシナモンと黒糖を使う。コクのある甘みで芋類との相性がいい。さらに黒糖の代わりにドライフルーツを使うこともある。

副菜 memo

味噌汁と漬け物などを添える

ご飯と味噌汁、漬け物を添える程度でOK。冬らしくハクサイの味噌汁などがおすすめ。漬け物はニンジンと壬生菜などが彩りも食感も◎。