今日の晩ごはん

ブータン風豚バラ肉と大根の煮込み

調理時間
30分

材料を重ね入れてコトコト煮込むだけ

瀬戸口さんがブータン料理屋で出合った煮込み料理。酒と塩で豚バラの旨味を引き立てて。ピリっと刺激的な辛さの中にミニトマトのほどよい酸味が光ります。

材料 ( 2人分 )

  • 豚バラ薄切り肉 …150g
  • 大根 …1/2本
  • 鷹の爪 …2本
  • 玉ねぎ …1/4個
  • ミニトマト …4個
  • ニンニク …1片
A
  • 韓国唐辛子(粗挽き) …大さじ1/2
  • 酒 …大さじ2
  • 塩 …小さじ1
  • 水 …120ml

作り方

1 下ごしらえをする
豚肉は食べやすいように4等分長さに切り、大根は皮をむいて7mm幅の半月切りにする。鷹の爪は種を取って小口切りにし、玉ねぎは繊維を断つようにして7mm幅に切る。ミニトマトはヘタを取り、ニンニクは芯を取ってつぶしてさらに半分に切る。
2 煮る
厚手の鍋に大根、ニンニク、豚肉、ミニトマト、鷹の爪、Aを表記順に入れる。蓋をして中火にかけ、ひと煮立ちしたら弱火にして約15分煮る。蓋を開けて全体を混ぜ、再度蓋をしてさらに5~7分煮る。

Point

  • 唐辛子を2種類使う

    ピリっとした辛味が立つ鷹の爪と、甘みのある独特の風味が特徴の韓国唐辛子を合わせて使う。深みのある味わいになるうえ、煮汁に美味しそうな赤い色をつけることができる。

  • 少ない水で煮る

    材料を順に入れて、最後に水を注いで煮る。水から煮ることで荷崩れをふせげるうえ、少ない水分を弱火でコトコトと煮ることで味がより染み込む。

副菜 memo

辛さをやわらげてくれるものを

辛いおかずには、甘酸っぱいものやダシをベースにしたやさしい味付けのものを合わせて辛さをやわらげて。青菜のおひたしや、野菜の甘酢漬けなどがおすすめ。

サラサラ床で暮らしをもっと気持ち良く 床拭きロボット『Braava(ブラーバ)』を体験! 暑い日には“さっぱり”をプラス 爽やかさが決め手のレモンレシピ