今日の晩ごはん

鶏挽肉と湯葉、アスパラのあんかけ

調理時間
20分

旨味が染み込んだ湯葉が絶品

とろんとした湯葉に、鶏の旨味が染み出たあんかけが絶妙にからんだひと品。アスパラは下茹でしておいて最後に加えることでシャキっとした食感を保てます。

材料 ( 2人分 )

  • 鶏挽肉 …150g
  • 板湯葉(乾燥) …3枚
  • アスパラガス …4本
  • 太白ごま油 …適量
  • 塩麹 …大さじ1
  • ダシ …200ml
  • 塩 …少々
  • 水溶き片栗粉 …片栗粉大さじ1、水さじ2で溶く
  • 白髪ねぎ …10cm分

作り方

1 下ごしらえをする
ボウルに湯葉を入れてぬるま湯を回しかけてやや固めに戻し、食べやすい大きさに切る。アスパラガスは根元の固い部分を切り落としてから下5cm分の皮をむく。5cm長さになるよう斜め切りにしてさっと茹で、冷水にとり、水けを切る。
2 炒める
鍋に油を熱し、鶏挽肉を炒める。火がまんべんなく通ったら、塩麹を入れてさらに炒める。
3 仕上げる
2にダシ、湯葉を順に加え、煮立ったらアスパラを入れる。塩で味を調えて水溶き片栗粉を回し入れ、とろみがついたら器に盛る。白髪ねぎをのせる。

Point

  • 湯葉を戻す

    炒め物や煮物に使う場合は、ぬるめの湯でやや固めに戻すと(袋の表示より数分早く引き上げる)、火を加えても適度に食感が残る。刺身で食べる場合は熱湯で戻すのがポイント。

副菜 memo

キリッと酸味を利かせて

酸味を利かせたおかずを添えて、あんかけの上品な味を引き立てる。春なら旬の春キャベツにしらすとレモン汁を和えたひと品を。

壱岐ゆかりさんのフラワーアート講座「フラワータペスリーをつくる」応募受付中! kurashiのマナビ舎vol.03 がま口ポーチ講座 アンケートに答えると特別価格で参加のチャンス!尾田衣子さんの料理教室~GLOBALとGLOBAL-ISTを切り比べられます!~ カレーもおこわもワイン煮も!甘さを活かしたサツマイモレシピ