今日の晩ごはん

鶏肉とリンゴ、サツマイモのグリル

調理時間
40分

表面はカリッと、中は柔らかい鶏肉が美味

ショウガやタイムの風味たっぷりの鶏肉は、しっとり柔らかく、外はカリッとしてたまらない美味しさ。酸味のあるリンゴを使うと味が馴染みやすい。

材料 ( 2人分 )

  • 鶏もも肉 …1枚
  • リンゴ …1/2個
  • サツマイモ …1本
  • ショウガ …2かけ
  • オリーブ油 …大さじ2
  • 塩 …小さじ1と1/2
  • タイム …適量
  • ベビーリーフ …適量

作り方

1 下ごしらえ
鶏もも肉の皮にフォークで穴を開ける。リンゴはくし切りに、サツマイモは半分に切ったのち乱切りに、ショウガは1かけをすりおろし、1かけを薄切りにする。
2 下味をつける
ボウルにすりおろしたショウガ、オリーブ油、塩、枝からこそげとったタイム(*ドライのタイムでも可。)を加え、混ぜる。鶏もも肉を入れ、全体にオイルをまぶしつける。鶏もも肉を取り出し、残ったオイルでリンゴ、サツマイモを和える。
3 グリルする
天板に鶏もも肉、りんご、サツマイモ、薄切りのショウガを並べ、245度で30~35分、焦げ目がつくまで焼く。
4 盛り付ける
器に盛り、ベビーリーフ、タイムを飾る。

Point

  • 鶏肉をフォークで刺しておく

    鶏肉は焼く前にフォークで刺しておくと火の通りがよくなり、硬くなりにくい。味も染み込みやすくなる。

  • オリーブ油と塩、ショウガ、タイムを合わせて鶏肉に塗りつけるようにまぶすと、表面がカリッと仕上がる。余ったらリンゴとサツマイモにもまぶして使いきろう。

副菜 memo

パンとスープを添える

ミネストローネのような野菜のスープとパンを添えるとバランスがいい。そのまま食べても美味しいが、セロリやニンジンなどたっぷり野菜を加えると栄養もばっちり。