今日の晩ごはん

鶏の唐揚げアジア風南蛮漬け

調理時間
15分

ナンプラーとパクチーが味の決め手

鶏むね肉を“ひと手間”で柔らかくしてからカラリと揚げて南蛮漬けに。パクチーの独特な香りと清涼感がクセになる! ご飯のおかずにもお酒のおつまみにも◎。

材料 ( 2人分 )

  • 鶏むね肉 …1枚
  • 片栗粉 …適量
  • 油 …適量
  • 水菜 …1/2袋
<A>
  • ナンプラー …50g
  • 砂糖(てん菜糖又はきび砂糖) …50g
  • レモン果汁 …25g
  • ニンニク …1片
<B>
  • パクチー …適宜
  • 唐辛子 …適宜
  • アーリレッド …適宜

作り方

1 下ごしらえをする
ひと口大に切った鶏肉をボウルに入れ、鶏肉の分量に対して1%の塩とひたひたの水を入れ浸けておく。パクチーはみじん切りに、唐辛子は種を取り除き輪切りにする。ニンニクはすりおろす。水菜は食べやすい大きさに切る。
2 ソースを作る
鍋にAを入れ、砂糖が溶けるまでゆっくりと加熱する。ひと煮立ちしたら火からおろし、粗熱をとってからBを加える。
3  揚げる
1の塩水につけておいた鶏肉を取り出し、片栗粉をしっかりとまぶす。中火で熱した揚げ油でゆっくりと、カリッとするまで揚げる。
4 仕上げる
3を熱い内に2のソースにからめ、水菜を敷いた皿に盛りつける。

Point

  • 揚げたらすぐに南蛮漬けに

    唐揚げにしたらすぐに漬けだれに絡める。冷めてからでは味が入りにくいので、熱々のうちに南蛮漬けにするのが美味しく仕上げるポイント。

  • 「手頃な鶏むね肉は我が家には欠かせない食材です」と中本さん。唐揚げも、もも肉ではなく使うのはむね肉。肉の分量に対して1%の塩を入れた塩水に数時間から一晩漬けておくと、火を入れてもパサつかずやわらかく仕上がる。

副菜 memo

ナンプラーが香る即席たまごスープ

ちょっと汁ものが欲しいという時に中本さんがよく作るのが、ナンプラーベースのたまごスープ。お湯にナンプラーとごま油を垂らし、溶き卵を混ぜるだけという即席スープだが、エスニックテイストの唐揚げと相性抜群。ぜひお試しあれ!