今日の晩ごはん

ごまダレビーフン

調理時間
10分

玄米とごまの香ばしさで食欲増進

ビーフンをつけ汁でいただくと新鮮な味に。栄養豊富な薬味をたっぷり添えて。夜食にもおすすめ。

材料 ( 2人分 )

  • 玄米ビーフン(またはビーフン) …80g
  • トウモロコシ(缶) …50g
  • 大葉 …5枚
  • ミョウガ …2本
  • 万能ねぎ …適量
  • 香菜 …適量
<ごまダレ>
  • かつおだし …100ml
  • 醤油 …20ml
  • みりん …20ml
  • 練り白ごま …大さじ4
  • 白炒りごま …適量

作り方

1 めんつゆをつくる
かつおだし、醤油、みりんをあわせて小鍋に入れ、火にかける。煮立ったら火を弱め、みりんのアルコールの香りが飛んだら火からおろす。
2 ごまダレを作る
ボウルに練り白ごまを入れ、1を少しずつ加えながら混ぜ、だまにならないようにのばす。器に注ぎ、白炒りごまを散らす。
3 ビーフンを戻す
玄米ビーフンは熱湯に1分浸して戻してから、冷水でよく冷やす。
(商品規定の戻し時間ゆでる)
4 薬味の準備をする
大葉は細切りに、ミョウガは薄い輪切りに、万能ねぎは小口切りに、香菜はざく切りにする。
5 仕上げる
器によく水気を切ったビーフンを盛り、トウモロコシ、大葉を散らす。2のごまダレ、ミョウガ、万能ねぎ、香菜を添える。

Point

  • だまにならないよう少しずつ混ぜる

    ごまダレを作る際は、だまにならないようにごまにめんつゆを少しずつ加えてのばしていく。めんつゆを作る時間がない場合は市販のめんつゆでも美味しくできる。

  • 玄米で作られたビーフンをチョイス。ほんのり香ばしい味は、ごまだれとの相性も抜群。自然食品の店で売られていることが多い。戻し時間が短いものを選べばあっという間にできる。

副菜 memo

ナンプラーを使ったスープ

冷たい主食には温かいスープなどを合わせてバランスをとって。香菜やナンプラーを使ったエスニックなスープがよくあう。