今日の晩ごはん

メカジキと菜の花の卵グラタン

調理時間
40分(冷蔵庫におく時間は除く)

春を感じさせる軽やかな口当たりのグラタン

卵液の中で火を通すことで、メカジキが驚くほどふっくらする。オーブン料理は、マンネリしがちな魚のおかずに、新鮮さを与えてくれる。野菜、魚、卵がバランスよく摂れる栄養満点の一品。

材料 ( 2人分 )

  • メカジキ …2切れ
  • 菜の花 …1束
<ソース>
  • 卵黄 …1個
  • 卵 …1個
  • 生クリーム …大さじ4
  • 牛乳 …1/2カップ
  • 塩 …小さじ1/2弱
  • 白こしょう …適量
  • 塩 …適量

作り方

1 下ごしらえをする
メカジキに軽く塩をして冷蔵庫で15分おき、水気をふいて4等分に切る。菜の花は塩ゆでし、水にとって水気を絞り、3㎝長さに切る。
2 ソースを作る
ソースの材料をすべて混ぜる。
3 焼く
メカジキと菜の花をグラタン皿に並べてソースをかけ、180℃に予熱したオーブンで約30分焼く。

Point

  • ソースの材料を混ぜ合わせる

    小麦粉不使用の軽やかなソースなので、ボウルに材料をすべて入れて泡立て器で混ぜ合わせるだけでOK。ダマになる心配もないので、手軽に作れる。

  • 菜の花を使ってグラタンを旬の雰囲気に。菜の花の苦味が、卵黄と生クリームで作るほんのりと甘いソースを引き立てる。菜の花がない時は、ブロッコリーや、カリフラワーを使っても美味しい。

副菜 memo

同じく旬の野菜を合わせる

副菜にも季節の野菜を使って、春らしい献立に。スナップエンドウとベーコンの蒸し煮など、オーブンで焼いている間に作れる、手間のかからない一品を。野菜をたっぷりと使ったミネストローネもおすすめ。