今日の晩ごはん

中華風鶏の照り焼き 花椒風味 里芋ごはん添え

調理時間
30分

花椒で香り高い照り焼きに

いつもの鶏の照り焼きにマンネリを感じてしまったら、花椒を追加してみて。焼き上がりの香りと、きりっとしまった飽きのこない味に思わず夢中になりそう。

材料 ( 2人分 )

照り焼き
  • 鶏もも肉 …大2枚(約600g)
  • 酒 …大さじ1
  • 醤油 …大さじ1
  • みりん …大さじ1/2
  • 酢 …小さじ1
  • 花椒 …大さじ1
里芋ごはん
  • 米 …2合
  • 里芋 …5個
<A>
  • 水 …370ml
  • 酒 …大さじ2
  • ナンプラー …大さじ1
  • 黒こしょう …適量

作り方

1 鶏肉に味を染み込ませる
鶏肉は目立つ脂は取り除き食べやすい大きさに切る。すべての調味料を合わせて肉に漬け込む。30分から1晩ほどマリネするとよい。調味料が少なめなので、ビニール袋などに入れて揉み込むとよい。
2 鶏肉を焼く
グリルを熱して1の肉を皮目を上にして並べ、強火で10~12分焼く。
3 里芋を切る
里芋は皮をむき、8mm厚さに切る。ぬめりが気になる場合は水にさらしたり、塩で揉んだりする。
4 米を炊く
炊飯器の内釜に研いだ米、里芋、Aを加え、炊く。
5 仕上げる
炊きあがったら器に盛り、仕上げに黒こしょうを挽きかける。

Point

  • 切った里芋をのせて一緒に炊く

    米の上に里芋を載せて一緒に炊くだけでOK。炊きあがる頃にはちょうど良い柔らかさになる。

  • 「麻婆豆腐に使うもの」というイメージがある花椒は、実はどんな料理にも使える万能食材。食材の臭み消しや食欲促進にも有効なので、常備しておくと味が広がる。

副菜 memo

旬の野菜を添えて食感を楽しむ

蓮根やゴボウ、サツマイモなど秋に旬を迎えて美味しくなる根菜類をグリルで焼いたものを添える。ごま油と塩をまぶして焼くとより香ばしい仕上がりに。