今日の晩ごはん

のっぺと鮭の炊き込みおにぎり

調理時間
30分(しいたけの戻し時間除く)

旬の根菜をふんだんに使った新潟の郷土料理

旬の根菜が入った新潟の郷土料理。野菜や乾物をふんだんに使ったのっぺは、優しい味わいの炊き込みご飯と好相性。おにぎりにしていただきましょう。

材料 ( 2人分 )

  • 鶏もも肉 …150g
  • 昆布(5㎝程度) …1枚
  • 干し貝柱 …3個
  • 干ししいたけ …3枚
  • こんにゃく …1/2枚
  • 里芋 …2個
  • 大根 …1/6本
  • ニンジン …1/2本
  • レンコン …30g
  • ゴボウ …1/3本
  • 厚揚げ …1枚
  • 銀杏(水煮) …6個
  • 薄口醤油 …大さじ1と1/2
  • 酒 …大さじ2
  • 水 …1ℓ
<鮭の炊き込みおにぎり>(作りやすい分量)
  • 米(玄米でも可) …2合
  • 昆布 …1枚
  • 生鮭(なければ塩鮭でも可) …1切れ
  • 白ごま …少々
  • 青ねぎ …1本
  • ごま油 …少々

作り方

1 米を炊く
米は研ぐ。炊飯器の内釜に米を入れ、目盛りまで水(分量外)を入れ昆布を浸す。鮭は塩少々(分量外)を振って水気が出てきたらペーパータオルでふき取っておく。(塩鮭の場合はさっと表面を水洗いしてふいておく)内釜に鮭を加え、炊飯器で炊く。
2 しいたけを戻す
鍋に水、昆布と干し貝柱、干ししいたけを入れておく(6時間ほどつけておく)。こんにゃくはアクを取り、塩少々(分量外)を振り、よく揉み込んでおく。
3 食材を切る
鶏肉は一口大に、里芋は皮をむいて塩(分量外)をまぶしてこすり、水でぬめりを洗い流しいちょう切りにする。大根、ニンジン、レンコンはいちょう切りに、ゴボウは小口切り、2の鍋から取り出した干ししいたけは6等分に、塩を洗い流したこんにゃくと厚揚げは短冊切りにする(レンコンとゴボウは酢水(分量外)に浸けておく)。
4 仕上げる
2に醤油、酒を入れて火にかけ、沸騰してきたら銀杏以外の材料を入れて煮立たせ、具が軟らかくなり、味が染みてきたら銀杏を加えて、皿に盛る。1が炊きあがったら鮭の皮と骨を外し、油、小口切りにした青ねぎ、白ごまを加えて混ぜ、食べやすい大きさに握り皿に盛り付ける。皮はグリルで焼いて刻んで入れても美味しい。

Point

  • 塩でこすり里芋のぬめりをとれば味が染みやすい

    皮をむいた里芋に塩をまぶしてこする。白濁したぬめりが出たら水で洗い流す。ぬめりを取ると味が染み込みやすい。

  • 具材には、ダシがたっぷりと出る乾物を使用して味に深みを出す。戻し汁は捨てずにとっておき煮汁として使うことでふくよかな旨味が広がる。

副菜 memo

魚の干物をプラスして定食風に

のっぺに野菜をたっぷりと使っているので、副菜はサラダやお浸しではなく魚の干物を添えるのが中山さんのおすすめ。アジや、ホッケなど好みのものを召し上がれ。