今日の晩ごはん

和食 時短

主な食材 : サバ 納豆

ひっぱりうどん

調理時間
15分

熱々のうどんを栄養満点のつけダレに絡めて

鍋からうどんをひっぱりながら食べるから「ひっぱりうどん」。山形の内陸部に伝わる郷土料理です。納豆とサバ缶を混ぜたつけダレにつけていただきます。

材料 ( 2人分 )

  • うどん …2玉
  • サバの水煮缶 …1缶(約180g)
  • 納豆 …2パック
  • 卵黄 …2個分
  • 刻み海苔、万能ねぎ(小口切り) …各適量
  • 醤油 …適宜

作り方

1 うどんを茹でる
鍋に湯を沸かし、うどんを袋の表示どおりに茹でる。
2 具材を用意する
茹でている間に、納豆は付属のタレと混ぜ合わせておく。
3 仕上げる
1の鍋を食卓に並べ、取り皿に2、サバ、卵黄、海苔、ねぎをそれぞれ等分に入れる。うどんを鍋から直接取り分け、つけダレに絡めながらいただく。味が足りなければ醤油を足すと◎。

Point

  • 旨味たっぷりのサバ缶を使う

    サバ缶はサバを生のまま食べるよりも栄養価が高く、旨味たっぷりなのが魅力。そのまま使えるので常備しておくと重宝する。くずして麺と絡めて食べるのがおすすめ。

副菜 memo

さっと作れるミニおかずを

キャベツやキュウリの浅漬けなど、麺を茹でている間にさっと作れるようなミニおかずを合わせる。それらをうどんのつけ汁に加えてもおいしい。

おいしいからカラダもよろこぶ、旬のアスパラレシピ