今日の晩ごはん

きつねカレー丼

調理時間
15分

体がほかほか温まるスピードメニュー

こてらさんが子どもの頃から食べているという「ソウルフード」。ダシとカレーの味が合わさって、懐かしい味に。とろみはしっかりとつけて、ぽってりとした口当たりに。

材料 ( 2人分 )

  • ご飯 …2膳分
  • 油揚げ …1枚
  • 青ねぎ(九条ねぎ) …1本
A
  • ダシ汁 …500cc
  • カレー粉 …大さじ1
  • 薄口醤油、濃口醤油、みりん …各大さじ1
  • 砂糖 …小さじ1
  • 片栗粉 …大さじ2

作り方

1 下ごしらえをする
油揚げは1cmの細切りにする。青ねぎは斜め切りにする。
2 煮る
鍋に油揚げ、Aを入れて火にかける。油揚げがくったりしてきたら片栗粉を同量の水(分量外)で溶いた水溶き片栗粉を回し入れて弱火で1分ほど煮る。
3 仕上げる
青ねぎを入れてさっと火を通し、器に盛ったご飯にかける。

Point

  • サバ節を使った濃いめのダシを

    ダシ汁は、パンチのきいたカレー粉に負けないよう、サバ節や宗田節などをブレンドした旨味の強いダシを使うのがおすすめ。好みのダシを普段より濃いめにひいてもOK。

  • アクを取る

    鍋に水とサバ節や宗田節を入れて火にかけ、軽く煮立ったらアクを丁寧にすくい取りながら弱火で約5分煮出す。雑味が取れて香りがたち、美味しくなる。

副菜 memo

サラダ感覚で食べられる浅漬けを

主菜は野菜が少なめなので野菜のおかずを合わせて栄養バランスのよい献立に。サラダ感覚で食べられる白菜の浅漬けがおすすめ。柚子を効かせて爽やかなひと品に。