今日の晩ごはん

サワラの味噌漬け

調理時間
20分(漬け置く時間は含まず)

シンプルながらしみじみ美味しい魚料理

クセがなく上品な味わいのサワラは、味噌漬けがぴったり。素材の旨味を活かした一品なのでどんな副菜にも相性が良い。森下さんはグラタンを合わせていただくそう。

材料 ( 4人分 )

  • サワラ(切り身) …4切れ
  • 味噌 …大さじ4
  • 酒 …大さじ1
  • みりん …小さじ2
  • 醤油 …小さじ1

作り方

1 下ごしらえをする
サワラはキッチンペーパーで表面の水分を取っておく。
2 漬ける
ボウルに味噌、酒、みりん、醤油を入れてよく混ぜ合わせる。ラップを広げたもの、またはバットに味噌ダレの半量を広げ、サワラの切り身を並べる。サワラの上から残り半量の味噌ダレをかけてなじませ、ラップで全体をきっちりと包む。バットの場合はサワラにぴったりとくっつくようにラップをかけ、冷蔵庫で1時間~2時間おく。一晩おくとより美味しくなる。
3 焼く
2の味噌ダレをよくふき取り、魚焼きグリルでこんがりと焼き色が付くまで両面を焼く。

Point

  • 焦げ付きやすいので味噌ダレはしっかり拭き取る

    サワラは味噌だれが残っていると焦げ付きやすいので、焼く時はキッチンペーパーで最後までしっかりふき取る。

  • 味噌漬けの味噌は自家製の2年ものの米味噌を使用。2年間寝かせてコク深い味わいになった味噌に漬けることで、より味わい深く仕上がる。

副菜 memo

満足感のあるグラタンを合わせる

焼き魚にはボリュームがある副菜を合わせる。サトイモとネギを使い、昆布ダシベースの和風グラタンは森下家の定番。ベシャメルソースは作らずに生クリームまたは豆乳で作る逸品。