今日の晩ごはん

中華風肉ジャガ

調理時間
60分

スパイスを使って定番メニューも異国風に

花椒、シナモン、八角の3種類のスパイスを使って旨味とコクを出した、一味変わった肉ジャガ。スパイスの力で食材も軟らかく仕上がるのが嬉しい。

材料 ( 2人分 )

  • 牛切り落とし肉 …150g
  • 玉ねぎ …1/2個
  • ニンジン …1/2本
  • ジャガイモ …4個(大きければ3個)
<A>
  • ショウガ(すりおろし) …1片
  • 酒 …大さじ1
  • ごま油 …小さじ1
  • 塩麹 …大さじ1/2(無ければ塩少々)
  • 花椒 …10粒ほど
  • シナモン …2センチほど
  • 八角 …2片
<B>
  • ダシ …1カップ
  • 酒 …大さじ2
  • 砂糖 …大さじ3
  • みりん …小さじ2
  • 醤油 …大さじ3
  • 米油 …適宜

作り方

1 下ごしらえ
牛肉にAを揉み込み、30分以上なじませる。玉ねぎはくし切りに、ニンジンは乱切りに、ジャガイモは1/2の大きさにカットしておく。
2 牛肉に火を通す
鍋に米油をひき火にかけ、鍋が熱くなったところに1の牛肉を加え、サッと色が変わるぐらいに炒めて取り出しておく。
3 炒める
2の鍋に少し米油を足し、玉ねぎを加えて炒め、油がまわったところにニンジンとジャガイモを加え全体を混ぜ合わせて油を行きわたらせる。
4 スパイスを加える
3の鍋に花椒、シナモン、八角とBを加えて強火にする。
5 煮る
煮立ったらアクをとり、2の牛肉をのせ中火にして、落し蓋をしてからニンジンとジャガイモにすっと串が入るくらいまで煮る。軟らかく仕上がったら器に盛る。

Point

  • スパイスは香りが付きすぎない量を入れる

    八角は、たくさん入れすぎると香りが引き立ちすぎてしまうため、小さめを2~3片程度がベスト。

  • 酸化する速度が遅く美味しく仕上がる米油を使うのが大塩さんのこだわり。揚げ油としても長く使えて、料理で使う油のほとんどは米油だそう。

副菜 memo

香りがあるご飯と酸味の利いたスープを合わせる

スパイスが利いたおかずに黒米入りの香りがあるご飯と酸味が利いたサンラースープなどの汁ものと合わせるのが、大塩さんならでは。しっかり楽しめる晩ごはんになるのだそう。