今日の晩ごはん

鶏肉とグリーンオリーブの煮物

調理時間
60分

香菜やスパイスで異国の香りを漂わせて

ニンニク、クミン、香菜などのさまざまな味が絡み合った鶏肉に、あっさりとしたオリーブがベストマッチ。サフランの色鮮やかな見た目も食卓を彩ります。

材料 ( 作りやすい分量 )

  • 鶏もも肉 …600g
  • オリーブ油 …大さじ1
  • 香菜 …2~3本
  • クミン …小さじ1/2
  • 香菜の種 …小さじ1/2
  • 玉ねぎ …1/2個
  • レモン汁 …大さじ1~2
  • ニンニク …1片分
  • 塩 …小さじ1/2
  • ショウガ …小さじ1/2
  • サフラン …少々
  • グリーンオリーブ …1/2カップ
  • ご飯 …適宜

作り方

1 下ごしらえをする
サフランを水200mlに入れて色出しをする。香菜は根、茎、葉にわける。茎は1cm幅に切る。鶏肉は食べやすい大きさに切る。
2 スパイスをすり潰す
香菜の種、クミンはフライパンで軽く炒って、香りが出てきたらすり潰す。
3 鶏肉に下味をつける
ニンニク、香菜の根、ショウガはみじん切りにして、2の炒ったスパイス、塩、油少々と一緒に鶏肉にもみ込み、そのまま10分程度おく。(時間がない時はもみ込むだけで良い)
4 炒める
鍋に油を熱し、鶏肉とみじん切りにした玉ねぎを加えて、鶏肉の両面に焼き色を付ける。香菜の茎と1のサフラン入りの水を加えて沸騰させ、蓋をして弱火で30分煮込む。
5 仕上げる
レモン汁とオリーブを加えて更に20分ぐらい煮込む。皿に盛り、香菜の葉と好みでご飯を添える。

Point

  • しっかりともみ込む

    香りが良い香菜や味の決め手となるスパイスを鶏肉に、もみ込むようにして下味を付ける。

  • 香菜は根、茎、葉とまるごと使う。刻んだ根を入れると味に深みが出る。別売りされていることが多い香菜の種(乾燥タイプ)はほんのりと甘くスパイシーな香りが特徴。

副菜 memo

ごはんやクスクスを添えて

肉と野菜がたっぷりと入っているのでご飯と合わせるだけで栄養満点に。ご飯を炊く時間がない時は、「世界最小のパスタ」と言われ、お湯と混ぜるだけで戻せるクスクスと合わせて。