今日の晩ごはん

塩ボロネーゼ

調理時間
15分

ハーブの代わりに使うセロリが味の決め手

ミートソースを塩味であっさりにと。旨味成分のナンプラーとレモン汁を加えることで味に深みが増す。ハーブ代わりのセロリが食感を良くしてなく美味しいダシにもなる。

材料 ( 2人分 )

  • 鶏粗挽肉 …150g
  • セロリ …1本
  • えのき …50g
  • ニンニク(みじん切り) …半片
  • 鷹の爪 …半本
  • オリーブ油 …大さじ2
<A>
  • 酒 …大さじ1
  • ナンプラー …大さじ1
  • レモン汁 …大さじ1
  • 塩、こしょう …少々
  • パスタ …160~200g

作り方

1 下準備
鍋に湯を沸かしパスタを塩(分量外)を入れ、袋の表示通りにゆでる。セロリは繊維を断つように薄切り、葉は千切りにする。えのきはみじん切りにする。
2 炒める
フライパンに油、ニンニクを入れ香りが出たら、鶏肉、1で切ったセロリの茎の部分、1のえのき、鷹の爪を入れ炒め、鶏肉の色が変わってきたらAを入れ炒める。
3 具材と混ぜ合わせる
2にパスタのゆで汁(適量)を入れ、ソース状になったところでパスタを入れ絡める。
4 盛り付ける
皿に盛り、セロリの葉をのせる。

Point

  • ハーブの代わりにセロリの葉を使う

    セロリは葉も美味しくいただける。ハーブの代わりに使えば存在感があり、アクセントになるのでたっぷりのせる。

  • 味付けにはナンプラーとレモンを合わせて使うのが岡本さん流。2つの味がミックスされることで深みの中に爽やかさが感じられ、より美味しく仕上げることができる。

副菜 memo

コクのあるスープを添える

あっさり味のパスタなので、コクのあるスープを添えるとバランス良くいただける。豆を使ったクリームスープやカボチャ、旬のカブを使ったこってりとしたスープを合わせると大満足の晩ごはんになる。