今日の晩ごはん

ナスとインゲンの煮物

調理時間
20分

ダシを堪能できる和食レシピ

火が通ってくったりとしたナスには、美味しさが詰まっていて、噛んだ瞬間に口いっぱいにダシの味わいが広がる。どこか落ち着く味わいは、定番レシピとして覚えておきたい。

材料 ( 2人分 )

  • ナス …3個
  • インゲン …6~10本
  • ダシ汁 …300cc
  • 醤油 …大さじ3
  • みりん …大さじ2
  • 砂糖 …大さじ1弱
  • サラダ油 …大さじ2

作り方

1 下ごしらえ
ナスはへたと切り、縦半分に切って皮の部分に3mm間隔で切り込みを入れて、水につけてアクを抜く。インゲンは半分に切る。
2 火にかける
鍋に油を熱し、水気をふいたナスを皮目から焼き、全体が焼けたら、インゲンと調味料を入れる。5分ほど中火でぐつぐつ煮込んで味が染みてきたら完成。

Point

  • 切れ目を入れる

    ナスは包丁で3mm幅で切れ目を入れておく。味が染み込みやすくなり、食べやすさもアップする。

  • ナスは揚げずに、鍋で焼いてから煮込むので、とても手軽にできる。たくさん作っておくと作りおきとしても活躍する。豚肉や鶏肉を加えることでボリュームをもアップする。

副菜 memo

季節の焼き魚がマッチする

しっかり味の煮物には、たんぱくな焼き魚と、味噌汁とご飯を添えて和定食のようにしていただこう。今の季節には、サンマの塩焼きを添えるだけで、大満足の晩ごはんになる。