今日の晩ごはん

鯛とグリンピースの炊き込みご飯

調理時間
30分

鯛の香り広がる華やかご飯

鯛はしっかりと焼き目をつけてから炊くと、香ばしさと旨味がアップ。グリンピースのプチっとした食感がアクセントになって、冷めても美味しい。おにぎりにするのもおすすめ。

材料 ( 2〜3人分 )

  • 米 …1.5合
  • 鯛(切り身) …2切れ
  • グリンピース(さやから出したもの) …50g
  • 塩 …適量
<A>
  • 酒 …大さじ1
  • 薄口醤油 …大さじ1
  • 塩 …小さじ1/2
  • 昆布 …5㎝角
  • すだち …適宜

作り方

1 米を研ぐ
米は研いで約30分浸水させる。
2 下ごしらえをする
鯛は両面にしっかりめに塩を振り、約10分おいて水気をふき取る。グリルで皮面に焼き色がつくまで焼く。グリンピースは約2分塩ゆでして、そのまま水気をきり、冷ます。
3 米を炊く
フライパンや鍋に1の米、混ぜ合わせた<A>、水270ccを入れ、昆布、2の鯛をのせる。中火にかけ、煮立ったら蓋をして弱火にする。12分たったら火を止めそのまま10分蒸らす。
4 仕上げる
仕上げにグリンピースを散らす。鯛を取り出し、骨を取り除き、ほぐしてから戻し入れる。全体を混ぜる。好みですだちを添える。

Point

  • 皮目に焼き色がつくまで焼く

    魚焼きグリルで、鯛の皮目にしっかりと焼き色がつくまで焼く。パリっと焼いてから炊き込むことで臭みが消え、香り豊かに仕上がる。

  • 切り身を使って、鯛ご飯を日々の暮らしに寄り添ったメニューに。骨つきの切り身なら、骨から旨味が出るので、物足りなさを感じさせない。また一尾まるごと使うよりも手間が省ける。

副菜 memo

春の食材を使った汁ものを

旬のグリンピースを散らした春らしいご飯には、同じく春の食材を使った汁ものを添えて。今しか味わえない献立に舌つづみ間違いなし。タケノコと生ワカメのおすましなど、優しい味のものがおすすめ。