今日の晩ごはん

白菜と白いんげん豆・ソーセージのポトフ

調理時間
30分

軟らかな白菜をたっぷり食べたい

冬の定番野菜、白菜がとろけるごちそうスープに。塩気の効いたシンプルな味つけは、ソーセージが決め手。スモークしたものやハーブ入りを使えば一段と旨味がアップ!

材料 ( 2人分 )

  • 白インゲン豆の水煮 …1缶
  • ソーセージ …4本
  • 白菜 …1/4個
  • 玉ねぎ …1個
  • ニンニク …1~2かけ
  • フレッシュタイム(あれば) …2~3本
  • ローリエ …1枚
  • 塩、こしょう …適量
  • 水 …400cc
  • マスタード(あれば) …適量
  • オリーブ油 …適量

作り方

1 下ごしらえ
白菜を縦に半分に切って、葉の間に塩を振り15分程おく。玉ねぎは皮つきのまま1/4に切る。
2 火にかける
油をひいた鍋を熱し、<1>の白菜に焼き目がつくまで強火で焼きつける。同じ鍋にソーセージを加えて焼く。
3 煮込む
水、玉ねぎ、白インゲン豆(缶の汁ごと)、潰したニンニク、ハーブを入れて白菜に火が通るまで煮込む。
4 仕上げる
味をみて、塩、こしょうをする。お好みでマスタードを添える。

Point

  • 白菜は塩を振って、焼きつける

    水分を出してから焼きつけることで、旨味がぎゅっと凝縮。煮込めばとろけるような軟らかさに。

  • ポトフをたくさん作った翌日には、水を足し、マカロニを入れてメインディッシュとして楽しむ。野菜やソーセージの旨味をマカロニがたっぷり吸って、ひと味違った美味しさが味わえる。

副菜 memo

白菜の甘みにはクレソンの苦味を

クレソンとマッシュルームのグリーンサラダと、パンを添えれば、彩りも鮮やかな食卓に。クレソンの苦みが、白菜の甘みが溶け出したコクのあるスープにぴったり。