今日の晩ごはん

鮭の粒マスタードソース

調理時間
20分

鮭の美味しさをソースが引き立てる

生鮭は表面をカリッと香ばしくソテー。ソースには本みりんと酒を加えることで、マスタードの酸味が和らぎまろやかになる。つけ合わせにはホクホクのジャガイモをぜひ!

材料 ( 2人分 )

  • 生鮭(切り身) …2切れ
  • タカラ「料理のための清酒」 …大さじ3
  • タカラ本みりん …大さじ1
  • 塩、こしょう …適量
  • オリーブ油 …大さじ2
  • バター …10g
  • 粒マスタード …大さじ1
  • 付け合わせの葉野菜、ジャガイモのソテー …適宜

作り方

1 下ごしらえ
鮭に軽く塩を振り、10分おく。表面に出てきた水気をキッチンペーパーで押さえ、両面に塩、こしょうを軽めに振る。
2 鮭を焼く
フライパンを熱して油大さじ1を入れ、フライパンが温まったら鮭を焼く。フライパンを傾け、油をスプーンですくっては鮭にかけながら、皮がパリパリになるように両面焼く。酒大さじ1をかけ、蓋をして1~2分蒸し煮にする。
3 バターを加える
鮭が両面こんがりと焼けたら油を半分くらいキッチンペーパーでふき取り、バターを加える。バターの風味が移れば焼き上がり。器に鮭を盛る。
4 ソースを作る
3のフライパンに酒大さじ2とみりんを入れ、半量になるまで煮詰める。粒マスタード、油大さじ1を加えさっと混ぜ合わせる。鮭にソースをかけ、お好みで葉野菜やジャガイモのソテーを添える。

Point

  • 酒で風味よく仕上げる

    鮭をソテーしている時に、酒を少し加えて熱すると、アルコール分と一緒に魚の臭みが飛び、風味良く仕上がる

  • 魚がメインの時は物足りなくならないようひと工夫。つけ合わせにはジャガイモのソテーを作ると、ボリュームが出て子どもも喜ぶ。ジャガイモはスライスし、多めの油で低温から10分ほど焼くと、ホクホクと美味しく焼き上がる。

副菜 memo

スープやサラダと一緒に

メインが洋風の魚料理なので、ミネストローネなどの野菜スープや、フレッシュな生野菜のサラダを合わせるのがおすすめ。粒マスタードのソースは、パンにつけて食べても美味しい。