今日の晩ごはん

車麩の唐揚げ

調理時間
45分

軽い食感とクミンの香りが後をひく

車麩を使った軽い食感の唐揚げは、肉なしでも食べごたえあり。クミンの香りと、隠し味のナンプラーの風味が食欲をそそる。つけ合わせには、少し酸味のあるサラダを。

材料 ( 2〜4人分 )

  • 車麩 …4~8枚
  • 卵 …2個
  • 片栗粉 …適量
  • クミンパウダー …適量
  • 揚げ油 …適量
  • 好みでレモン果皮、クミンシード、黒こしょう …各少々
<A>
  • 酒 …大さじ2
  • 牛乳 …小さじ2
  • ナンプラー …大さじ2
  • 砂糖 …小さじ1/4強
  • ニンニク(すりおろし) …少々
  • ショウガ(すりおろし) …少々
  • クミンパウダー …小さじ1/2

作り方

1 車麩を戻す
車麩はたっぷりの水に浸けて軟らかくなるまで戻す(浮いてくるのでお皿などで重しをすると良い)。両手で挟むようにしてしっかり水気を絞り、食べやすい大きさにちぎっておく。
2 下味を付ける
バットに溶きほぐした卵と<A>を加えよく混ぜ合わせる。<1>を加え、唐揚げの下味をつける要領で15~20分ほど漬け込み、両面にしっかりと含ませる。
3 衣をつけて揚げる
揚げ油を中温に熱しておく。<2>の車麩の汁気を程よい力加減で絞り、クミンパウダーを加えた片栗粉を全体にしっかりまぶしつけてすぐに揚げる。両面を返しながら、ほど良く色づきカリっとなったら油を切る。
4 仕上げる
<3>を器に盛り、好みでレモン果皮やクミンシード、こしょうを振っていただく。

Point

  • クミンパウダーを加える

    ほど良いクミンの香りがこの唐揚げの美味しさを有無。衣にする片栗粉に加えて、車麩全体にまぶすようにつける。

  • 車麩は、薄切りのドーナツ型のものが一般的だが、フランスパンのような形をしたボリュームがあるタイプもある。唐揚げには、フランスパン状の車麩を千切って使うと食べごたえがアップ。

副菜 memo

コールスロー

キャベツを細かく刻んだコールスロー。白菜やレタスを使ってもよく、少し酸味のあるサラダにするとクミンの香りによく合う。時間がなかれば、野菜はちぎるだけでも。