今日の晩ごはん

アサリと豚肉のガーリック白ワイン蒸し

調理時間
20分

セロリの風味が利いた食べごたえのある一品

旬のアサリをたっぷりと使った白ワイン蒸しに、豚肉を追加して旨味をアップ。セロリの独特の風味が口いっぱいに広がる大人の味わい。刻んだパセリで香り高く仕上げて。

材料 ( 2人分 )

  • 豚切り落とし肉 …100g
  • アサリ(砂抜きしたもの) …200g
  • セロリ …1/2本
  • 玉ねぎ …1/4個
  • ニンニク …1片
  • パセリ(みじん切り) …大さじ2
  • オリーブ油 …大さじ2
  • 白ワイン …大さじ4
  • 塩、こしょう …各適量

作り方

1 下ごしらえ
豚肉は塩、こしょう各少々、白ワイン大さじ1を振ってほぐす。アサリは殻と殻をこすり合わせきれいに洗う。
2 野菜を切る
セロリは筋を除いて1cm幅に斜め切りにし、葉は粗く刻む。玉ねぎ、ニンニクはみじん切りにする。
3 加熱する
フライパンに油と、玉ねぎ、ニンニクを入れて中火で炒める。玉ねぎが透き通ってきたら、豚肉とセロリを入れて炒める。肉の色が変わったらアサリを加え、水大さじ3、白ワイン大さじ3を注ぎ入れて蓋をする。3分ほどしてアサリの口が開いたら、塩、こしょうで味を整え、セロリの葉とパセリを加えて火を止める。

Point

  • 豚肉の下ごしらえをしておく

    豚肉に、塩、こしょう、白ワインを振ってほぐす。このひと手間で火を通した時に、ほぐれやすくなる。

  • いつものアサリの酒蒸しに、豚肉をプラスしてボリューム満点メニューに。アサリと、豚肉の旨味が合わさって、味に深みが出る。アサリと豚肉の組み合わせは、南欧料理などでは一般的だそう。

副菜 memo

煮汁をペンネと絡める

あさりと豚肉の旨味が凝縮した煮汁を活かしてもう一品。あさりの口が開くのを待っている間にゆでたペンネと和えるだけで、手軽に副菜が完成。仕上げにパルメザンチーズを散らしても。