今日の晩ごはん

カレイの煮つけ

調理時間
20分

簡単&美味しい! 基本の煮魚

とろんとした煮汁と美味しそうな照り。そして子持ちガレイで贅沢感もある煮魚は、ご飯をしっかり食べたい時の嬉しい一品。基本の煮汁を覚えれば、いろいろな魚に応用可能。

材料 ( 2人分 )

  • カレイ(切り身) …2切れ(300~400g)
<A>
  • 水 …1カップ
  • 醤油、酒、みりん、砂糖 …各大さじ2
  • ショウガ(薄切り) …1片分
  • 長ねぎ(せん切り)、かいわれ菜(根元を切る) …各適量

作り方

1 下ごしらえ
カレイは皮目に切り込みを入れる。
2 カレイを煮る
フライパンに<A>を混ぜ合わせてショウガを加え、中火にかける。煮立ったらカレイを皮目を上にして並べ入れ、再び煮立ったらスプーンで煮汁を2~3度すくってかけ、落し蓋をして10分ほど煮る。
3 仕上げる
落とし蓋を取り、スプーンで煮汁をかけながら煮汁がとろりとするまで5分ほど煮詰める。
4 盛り付ける
3を器に盛って長ねぎ、かいわれ菜を添え、フライパンに残った煮汁をかける。

Point

  • タレをかけながら煮詰める

    身崩れしないように、フライパンを傾けてスプーンで煮汁をすくい、カレイにかけながら煮詰めて照りを出す。

  • 市瀬さん考案の煮魚の煮汁は、醤油、酒、みりん、砂糖を1:1:1:1でシンプルに配合。これを基本に、足したり引いたりして自分の味に仕上げることができるので、初心者にもおすすめ!

副菜 memo

和え物でさっぱり

さっとゆでたもやしや三つ葉を、ごま酢の和え衣で和えたシンプルな一品を添えて。さっぱりいただける穏やかな酸味とシャクシャクとした歯ごたえが、しっかり味の煮つけによく合う。箸休め的にちょこちょこつまめば、アクセントに。