今日の晩ごはん

秋鮭の柚香焼き

調理時間
30分

旬の鮭をシンプルに味わう

秋、産卵のために川へと戻ってくる鮭。香ばしく焼き上げ、柚子の香りとともにいただけば、ご飯が止まらなくなる美味しさ。行楽弁当にもおすすめ。

材料 ( 4人分 )

  • 秋鮭(生)切り身 …4尾
  • 塩 …少々
  • 青柚子(スライス) …4枚
  • ミョウガの甘酢漬け …4個
<A>
  • みりん …大さじ3
  • ダシ醤油 …大さじ2
  • 柚子酢 …大さじ3

作り方

1 下ごしらえ
鮭は塩を振り、水気が出るまでおく。水気をペーパータオルでふき取る。
2 マリネする
<A>の材料をボウルに混ぜ合わせてマリネ液を作り、鮭を加えて20分ほど漬け込む。
3 焼く
鮭の汁気をきり、熱したグリルに並べこんがりと色よく両面焼く。両面とも、2で残ったマリネ液を刷毛で何回か塗りながら焼く。
4 仕上げる
器に盛り付け、お好みでみょうがの甘酢漬けと青柚子を添える。

Point

  • マリネ液を刷毛で塗る

    マリネ液は、鮭を漬け込むだけではなく、焼いている途中に刷毛で塗ると、照りが出て味わいも増す。

  • 岡田さんの晩ごはん作りに欠かせないのが、上質なみりんとダシ醤油。みりんは味の一醸造の『味の母』、ダシ醤油はチョーコーの『だしの素こいいろ』と、無添加の調味料を選んで愛用している。

副菜 memo

週末の夜は品数も多く

カラフルトマトの甘酢漬け、サツマイモのごま和え、とろろ昆布のお吸い物を合わせ、週末の夜を楽しむ。生の菊花を洗って絞り、そのまま炊き込んで薬味ご飯にすると、見た目も秋らしく、美しい。